平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

八重の桜 第11回「守護職を討て!」~「にしはもう立派に会津の男だ」

2013年03月18日 | 大河ドラマ・時代劇
 自分のことが理解されるというのは心地よく、幸せなことである。
 三郎(工藤阿須加)は多くの人に理解されている。
 まずは尚之助(長谷川博己)。
 三郎の佐川官兵衛(中村獅童)の部隊への志願。
 この志願のもうひとつの理由を尚之助は理解した。
 それは<隊士になれば一人前の藩士であり、新式銃の事を上に願い出る事ができる>から。
 そして、こんなやりとり。
「若輩者が上にものを言うのに他にどんな手があんべか? 無茶でもやんねえと道は開けねえ」
「覚馬さんと同じ事を。その事を話せばお父上も手は上げなかったでしょうに」
 こうして、三郎は尚之助に理解された。
 ふたりめの理解者は佐川勘兵衛。
 どうしても入隊したいという十六歳の三郎の思いを高く評価する。
「武士としての覚悟は年長の者にも勝っていた。あといくつか年かさがあればわしの方から願ってでも連れていくところだ」
 三郎にとって最高の賛辞である。
 そして、三人目の理解者は、父・権八(松重豊)。
 まず
「何かを変えるのはたやすい事でねえ。そんじも、それが正しい事なら何度でも何度でも願い出てちっとずつでも変えていく。ずっとそうやってきた。親を見くびんなよ」
 と言って、父親として子を諭し、次に
「だげんじょ、わしも我が子を見くびっていたかもしんねえ。にしはもう立派に会津の男だ」
 と三郎を評価する。
 三郎にとって、こんなうれしい言葉はなかっただろう。

 若者はこんなふうにして教えられ、理解されて成長していく。
 人と人との絆を作っていく。
 そして、人と人との絆は別の絆も作っていく。
「尚之助様、忘れ物です! 三郎の事、ありがとなし」
 三郎のことがきっかけとなって、八重(綾瀬はるか)と尚之助の理解と信頼も深まった。

 一方、理解されない人間もいる。
 佐久間象山(奥田瑛二)だ。
 帝の彦根遷座、これにより象山は暗殺される。
 覚馬(西島秀俊)は「象山先生は国のために働いていたのだ」と憤るが、暗殺者たちにはまったく理解されていない。
 おまけに松代藩に拠る佐久間家とり潰し。
 象山は、自分の藩にも理解されなかった。
 また、その絆は攘夷派ににらまれれば簡単に手のひら返しされてしまうくらいものだった。
 だから覚馬は叫ぶ。
「先生は二度殺された。一度は刺客に、二度目は藩の愚かさに」
 その象山の姿は、尚之助、勘兵衛、父・権八に理解された三郎とは対照的だ。

 理解と絆の会津。
 無理解と殺し合いの京の都。
 こんなふうに歴史は、相反するもののせめぎ合いの中で、動いていくんでしょうね。


『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相棒11 「BIRTHDAY... | トップ | ビブリア古書堂の事件手帖 ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いよいよ転機 (TEPO)
2013-03-18 22:46:05
>理解と絆の会津。
>無理解と殺し合いの京の都。

おっしゃる通り三郎と佐久間象山とを軸にしてみると、二つの世界の相違が際立ってきますね。「なるほど!」です。
特に私にとっては、今回三郎周辺の「理解」の世界が醸し出す「暖かさ」がとても味わい深く感じられました。

しかし、来週はいよいよ「禁門の変」。
前線で火器を指揮する隊長である覚馬は負傷するようです。
こうした形で、これまで意図的に対比されてきた「暖かく」「まったりとした」会津と「冷酷」「激動」の京都という二つの世界の交錯、<相反するもののせめぎ合い>の悲劇がついに幕を開けるのでしょう。

また、いよいよ八重と尚之助との関係にも「縁談」という形での転機が訪れるようです。
たしかに今回までのここ数回で
>八重と尚之助の理解と信頼も深まった
のですが、予告編などによればやはり「超鈍感」「超奥手」の八重は尚之助を「兄として」慕っていたようです。
しかし尚之助の側は、明らかに八重に対して恋愛感情をもっているように見えます。
二人の関係がどう展開するのか、楽しみにしています。
それにしても、八重は可愛いですね。
まあ、綾瀬はるかさんですから、ということでしょうが。

いずれにしても、次回は前半(幕末編)における一つの転機=山場となりそうです。
転機 (コウジ)
2013-03-19 09:18:50
TEPOさん

いつもありがとうございます。
おっしゃるとおり、いよいよ転機ですね。

まったりの会津と激動の京が、いよいよ交差する。
覚馬が負傷し、会津の人間にも死者が出れば、会津もついに激動の現実を突きつけられるんでしょうね。

八重と尚之助も。
今まで静かな緊張感のあったふたりの距離が一気に近づく。
八重もそろそろ大人の女性になっていい時期ですしね。
どんなドラマが描かれるか楽しみです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
大河ドラマ「八重の桜」第11回 (日々“是”精進! ver.F)
会津の男… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201303170005/ 八重の桜 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-12-20売り上げランキング : 2082Amazonで詳しく見る by G-Tools
八重の桜 第11回「守護職を討て!」 (D☆エディション)
八重の弟・三郎の成長が描かれる回。 長いスパンを描く大河だからこそのキャラの成長は見どころですね。 一方で京での緊張がしだいに高まっていくのも描かれる。 こちらは歴史的事 ...
【八重の桜】第11回 「守護職を討て!」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
容保(綾野剛)たちは都で長州軍の脅威にさらされていた。 会津では、八重(綾瀬はるか)の弟・三郎(工藤阿須加)が、突然、都へ派遣される 部隊に志願して権八(松重豊)から激怒される。 そのころ、都...
『八重の桜』 第11話 「守護職を討て!」 (英の放電日記)
三郎の思い  八重の弟・三郎が京都行きを志願。父・権八に反対されても、全く揺るがない。  その思いの強さは、佐川官兵衛も感服するほどであった。  自分も会津のために働きたいという思いの他に、尚之助の新式銃を登用を進言したい。そのためには、自分が佐川隊に入...
八重の桜 第11回 守護職を討て! (レベル999のgoo部屋)
『守護職を討て!』 内容 元治元年 朝廷への開国などの説得のため京に滞在していた佐久間象山(奥田瑛二)が、 尊王攘夷派の不逞浪士たちの襲撃を受け、暗殺された。 まさかの事態に驚愕する覚馬(西島秀俊) と同時に、会津藩も浪士たちの的になっていると知る事に。 ...
守護職を討て! (西徂庵)
八重の桜 #11
「八重の桜」 第11回、守護職を討て! (センゴク雑記)
大河ドラマ「八重の桜」。第11回、守護職を討て! 会津では佐川が徴兵活動。 長州との激突は目前に迫る。
大河ドラマ「八重の桜」信念の人11象山死す!三郎が部隊に志願も許しを得られず京都では勅命により長州軍との戦になった (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「八重の桜」第11話は会津が長州軍の標的となり、それに加担した佐久間象山が尊皇攘夷派の不逞浪士に暗殺されてしまう。一方会津では三郎が都への部隊に志願するも権 ...
大河ドラマ「八重の桜」 #11 守護職を討て! (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
京都はさらにきな臭くなってきました。 そして会津も。
【八重の桜】第11回感想と視聴率&WBCプエルトリコ戦視聴率 (ショコラの日記帳・別館)
「守護職を討て!」 3/18(月)午前10時頃からのWBC・プエルトリコ戦、残念