平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

花燃ゆ 第22回「妻と奇兵隊」~完全に好戦的。攘夷を批判する視点はどこにいった?

2015年06月01日 | 大河ドラマ・時代劇
「このまま異国が黙っとるわけがない」
 高杉(高良健吾)の言葉。
 そうなんですよね、戦争はやったら、やり返される。
 相手の軍事力が強ければ倍返しされる。
 ここんとこ、安倍さん、しっかり考えてね。
 あなたの〝戦争法案〟はそうなる可能性が大いにあるんだからね。
 って、今回は安倍首相批判でなく、「花燃ゆ」だった。

 さて、今回は長州がふたつの〝前代未聞〟をおこなった話だった。
 ひとつは奇兵隊。
 一般民衆、武士でない者がいくさ場で戦う。
 ひとつは女台場。
 武家の女が御台場普請をおこなう。

 まさに総力戦。

 んで、高杉、
「立ち上がる気はあるか!? こん国を守ろうとする志のある者は!?」
 文(井上真央)は、
「だんな様が帰った時、誇りに思ってもらいたい、この町は豊かだと」

 みんな、好戦的だな~。
 文はいつの間に宗旨替え?
 久坂(東出昌大)を支えると決心した時点で、盲目的に応援することを決めたのか?
 今までの大河ドラマなら、〝女性は戦争を嫌がる〟という視点があったのにね。
 これが完全になくなってしまった。

 そもそも、この作品には、攘夷は正しかったのか? という視点が欠けている。
 まあ、今回も
「大筒なんかぶっ放すからじゃ!」
「誰じゃ、誰が異国といくさなんか始めたんじゃ!」
 という民の叫びがあったが、批判的なのは前半だけ。
 あとは前回に引き続き、物分かりのいい民衆と女たちが描かれるだけ。
 今までの大河ドラマなら、攘夷に批判的な〝勝海舟の視点〟があってバランスがとれていたんだけど、今回はそれがない。
 完全に〝長州史観〟。
 あの時代の勝海舟の考え方や徳川慶喜の大政奉還なんかは卓見だったと思うよ。

 徳川300年の平和。
 この平和が脅かされそうな時に出て来た、高杉・久坂らの長州の人間たち。
 現在の戦後70年の平和。
 この平和が中国などの台頭で、脅かされそうな時に出て来た、長州出身の安倍首相。
 この符合は何だろう?
 安倍晋三氏は吉田松陰を師と仰いでいるらしいが、自分を高杉・久坂や長州の政治家たちになぞらえているのかもしれない。
 だとしたら単純な男だね、安倍さんは。
 きっと〝長州史観〟の持ち主なんだろうな。
 最後は結局、安倍批判になってしまった。

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手裏剣戦隊ニンニンジャー ... | トップ | 天皇の料理番 第6話~あん... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
現代人の後知恵から見ると (TEPO)
2015-06-02 01:20:45
幕末から明治にかけての社会変動を「現代人の後知恵」は「近代化」ということを基準として評価する-もっとも「近代」には、おっしゃるように非戦闘員を巻き込む「総力戦」による戦争の惨禍拡大などの暗黒面も指摘されるのですが、「近代化は無かった方が良かった」とまで極論する人はまずいない-と思います。

その基準に照らせば、(a)開国・条約締結と(b)倒幕は正解(○)、(c)攘夷と(d)士族反乱は不正解(☓)ということになります。
(c)(d)は、ちょうど強い川の流れが渦を生じ部分的に本流に逆行する流れが生じるようなものだと言えましょう。
学校などでの幕末・明治史の扱いでは(a)(b)に光を当て、(c)(d)特に(c)の「攘夷」については触れずに済ませるのが普通です。

本来、大河の主人公は基本的に○が勝った人物であるおとが条件だと言えます。
しかし、コウジさんもおっしゃる通り、本作は攘夷と切り離すことができない-つまりは基本的に☓である-松陰と松下村塾に手を出してしまったのがそもそもの企画の誤りだったと言えましょう。
それでも<生活派>視点で「攘夷」と距離を取る限りでは私も見ていられましたが、最近はそのスタンスも捨てられてしまったようです。

上記の基準で歴史上の主要人物を評価してみると
孝明天皇は攘夷の立場から(a)に反対したため「尊皇」と「攘夷」とが結びついてしまい、また公武合体(=佐幕)の立場から(b)にも反対するなど、☓ばかりでどこまでも時流に逆行する人でした。
(a)を推進した阿部正弘、井伊直弼は○。
だから大河の草分け「花の生涯」が成立したのです。
ただし井伊は上記孝明天皇の犠牲者と言えます。
以前も書いた通り、同じ長州人でも大村益次郎は見事なまでに○ばかりの人物でした。

本作の「男子」は基本☓なのですが、細かく見ると英国に留学した限りで伊藤利助(博文)、井上聞多(馨)には○の部分があります。
奇兵隊が身分制を越えた近代的軍制の草分けである限りで高杉晋作も○。
今回を見ていると☓のエピソード(下関の敗北)に○のエピソード(奇兵隊創設)を組み合わせることによって☓のダメージを補ってゆく作戦と見えました。

しかし、どこまでも攘夷に固執した久坂玄瑞は孝明天皇並に☓ばかりの人物です。
高杉と久坂とを並べると、どう見ても久坂の方が馬鹿に見え、久坂の妻である限りで文は「貧乏くじ」を引いた、との観が拭えません。

ところで、安倍首相については次のような記事があります。
http://www.asyura2.com/15/senkyo185/msg/460.html
現代の視座 (コウジ)
2015-06-02 09:16:18
TEPOさん

現代人の後知恵から見た幕末の人物評価ありがとうございます。
暗に書かれているとおり、久坂ら攘夷派の考えや行動も当時の視点に立てば、仕方のないことなんですよね。
西欧の列強に食い物にされているアジアの国々を見れば、排撃しようとするのは当然の発想。

しかし、現代に生きるわれわれは歴史から学ばなくてはならない。
戦力差を無視した久坂の戦いはどうなんだろう?とか、尊皇攘夷以外にとるべき道はなかったんだろうか、などと考える必要がある。
TEPOさんが書かれた今回の幕末の人物評は現代を見る上で、視座に富むものだと思いました。

それで幕末・明治と現代ということに目を転じて見ると、
安倍首相がやろうとしているのは、〝富国強兵〟〝日本の軍事的な列強入り〟といったまさに明治の政治家たちがやったことのように思えるんですよね。
だから明治以降の歴史をどう評価するかは、現代に生きるわれわれにとって非常に重要なテーマになる。

安倍首相のご紹介の記事、ありがとうございます。
実は僕も読んでいまして、安倍晋三という人物のメンタルを考える上で、実に面白い分析だと思いました。
安倍氏の中では、自分を低く評価した父・晋太郎、および祖父・寛は憎しみの対象なんでしょうね。
だからもう一方の祖父・岸信介を尊敬し、祖父がなし得なかった憲法改正や安保見直しをやろうとしている。

もし、安倍氏のメンタルがこのようなものだとしたら、個人的な怨念で、国の形を変えるのはやめてほしいですよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
【 花燃ゆ 】第22回 「妻と奇兵隊」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
久坂玄瑞(東出昌大)らによってじょういが決行されたが、アメリカ・フランス艦の 報復攻撃により、長州は壊滅的な打撃を受ける。 文(井上真央)は、異国からの攻撃に備えるための土塁の工事が人手不足で 進んでいないことを知り、女たちの力で作り上げようと考える...
花燃ゆ #22「妻と奇兵隊」 (昼寝の時間@R)
久坂玄瑞(東出昌大)らによってじょういが決行されたが、アメリカ・フランス艦の報復攻撃により、長州は壊滅的な打撃を受ける。文(井上真央)は、異国からの攻撃に備えるための土...
花燃ゆ 第二十二回 (レベル999のgoo部屋)
『妻と奇兵隊』 「妻と奇兵隊~前代未聞の作戦で反撃に出る民衆力!」 内容 文久三年五月、久坂(東出昌大)らにより、下関において攘夷が決行された。 だが翌月、アメリカ、フランスの艦隊が報復。砲台が壊滅するだけで無く、 多くの負傷者を出し、下関は壊滅的な打撃...
大河ドラマ「花燃ゆ」吉田松陰の妹22異国との大敗北に晋作が身分関係なく志ある者たちによる奇兵隊結成が承認された (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「花燃ゆ」第22話は玄瑞が攘夷を決行するも翌月にはアメリカ・フランス艦隊の報復攻撃になす術なく敗れた。その結果を顧みて晋作が奇兵隊の結成を申し出てそれが許可 ...
「花燃ゆ」 第22回、妻と奇兵隊 (センゴク雑記)
大河ドラマ「花燃ゆ」。第22回、妻と奇兵隊。 高杉晋作による奇兵隊の結成。 そして、女たちは萩の海岸線に後に女台場と呼ばれる土塁作りを手伝う。