平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

おんな城主直虎 第9回~直盛の「いつか、もし…」の答えは、辻が花の着物を着せることだった

2017年03月06日 | 大河ドラマ・時代劇
「殿、お働き、まことご苦労様でございました。
 おひげを整えましょうね」

 今回は千賀(財前直見)の回だった。
 夫・直盛(杉本哲太)を亡くしても悲しみに暮れず、亡くなった家臣たちの妻を気遣い、手紙をおくる。
 立派な武家の妻だ。
 もしかしたら手紙を書くことで悲しみを紛らわそうとしていたのかもしれない。

 次郎法師(柴咲コウ)に対しても、気遣いを忘れない。
 手紙で、次郎の資質が父・直盛譲りのものであることを語る。
 直盛のやさしさや井伊家を思う気持ちはしっかり次郎に受け継がれているのだ。

 そして、ここで千賀が伝えたかったのは、次郎が<直盛の娘>であること。
 <次郎法師>と<おとわ>。
 <次郎法師>として、おとわは気丈にふるまっていた。
 一方、千賀としては、次郎がしばし直盛の娘<おとわ>に戻ってもいいではないかと思っていた。
 だから、手紙の宛名は〝とわ様〟。
 手紙の内容は、直盛の娘を思う気持ちだった。
〝村で働く娘を見つめる直盛〟
〝月を見て、おとわは月のように美しいと語る直盛〟
 そして、直盛が言いかけた「いつか、もし……」の答え。
 直盛の願いは、いつか次郎を還俗させて〝辻が花の着物〟を着せることだった。

 

 この手紙を読んで、次郎は<おとわ>に戻り、父親の死を心から悲しむことができた。

 一方、何かを失えば何かを得るのも世の常である。
 千賀は、直盛を失ったが、しの(貫地谷しおり)に子ができて井伊家の世継ぎを得た。
 それは千賀にとって、〝希望〟〝救い〟であっただろう。
 雨の日は永遠に続かない。いつか晴れる日がやって来る。
 ……………………

 最後は政次(高橋一生)。
 人の世は、誤解や行き違いがいっぱいで、偶然も左右して、人生は大きく狂い出す。
 たったひとつのボタンの掛け違えや歯車の狂いが運命を大きく変える。
 このあたりはシェイクスピアの『ハムレット』っぽいな。
 奥山朝利(でんでん)を殺してしまった政次が真っ先に来たのが、次郎の所っていうのもね……。
 政次の心の拠り所は、おとわだったのだろう。
 こういう高橋一生さんに女性はキュンと来るんだろうなぁ。

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 森友学園事件~自民党の反主... | トップ | 愛国心に関する名言集~「愛... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おっしゃるとおりです (megumi)
2017-03-06 10:56:53

年甲斐も無くキュンキュンしています。

しかも、彼は芝居が上手いです。
表情芸も台詞回しも、年季の長さを感じます。

それにしても
弟に未亡人と一つ屋根の下に暮らしても良いものか?
とは思いましたよ。
政次はとわ一途とは言え・・・。

父親目線 (コウジ)
2017-03-06 18:39:58
megumiさん

いつもありがとうございます。

>年甲斐も無くキュンキュンしています。

このあたりの感覚は、男の僕にはなかなかわからないんですよね……。
逆に直盛が、「いつかおとわに辻が花の着物を着せたい」と思った所にグッ! と来る。
娘を思う父親の気持ちが痛いほどにわかりました。

高橋一生さんの芝居に関しては、奥山に「お前は井伊家を乗っ取ろうとしているんだろう」と言われた時の怒りの表情がよかったですね。
そして、怒りを覚えながらも何とかこらえ、冷静な理論で切って返す。
凄みがあって見事な演技でした。

>弟に未亡人と一つ屋根の下に暮らしても良いものか?

ここは僕も同じことを思いました(笑)
「切れ者」の悲劇 (TEPO)
2017-03-06 21:47:04
小野政次は「悲劇のヒーロー」として描かれることがはっきりしたように思いました。

幼少時から苦労した賢い子でしたが「地頭も良い」のでしょう。最近は「切れ者」の片鱗を示してきています。実務面で「能吏」ぶりを発揮もしていますが、印象的なのは咄嗟の場面での頭の回転の速さです。
第7話で「狡い直親」に隠し里についての対応を丸投げされた場面でも、咄嗟に今川の検地奉行・岩松を納得させる口上を述べることができました。
今回、奥山朝利に対しても見事な「返し技一本」が鮮やかに決まっての完勝。

しかし「切れ者」の立場は結構危ういんですね。
自ずと目立つので凡庸な連中からは妬まれ、警戒される。
特に派閥的な対立関係が絡むと何かにつけて邪推される。

奥山朝利は悪い人間では無かったのでしょう。
いつも井伊家臣団の最上席を占めていましたが、あまり発言しないので目立ちませんでした。
結局上の意味での「凡庸」を絵に描いたような人物だったようです。
政次にはまさに完敗でしたが、少しでも分別のある人間であれば、少なくともその場は負けを認めてこらえていたはず。
しかし、「凡庸」の悲しさか、あるいは桶狭間以来「焼きが回って」しまったのか、暴発してしまったようです。

次回以降、おそらく「竜宮小僧」次郎法師らの働きによって政次は助かることは助かるのでしょうが、奥山一族、特に直親の正妻しのの「親の仇」として井伊家に居続けることは辛くなることでしょうね。

ところで、「手紙で泣かせる」ところは「森下流」だと思いました。
私も今では「Jin」は原作よりも森下脚本(ドラマ)の方が優ると評価しており、時折り仁先生が「○○先生へ」という咲の手紙を読むシーンを見直したりしています。
「切れ者」 (コウジ)
2017-03-07 08:52:07
TEPOさん

いつもありがとうございます。

>しかし「切れ者」の立場は結構危ういんですね。
>自ずと目立つので凡庸な連中からは妬まれ、警戒される。
>特に派閥的な対立関係が絡むと何かにつけて邪推される。

まさにこれですよね。
「切れ者」であることは必ずしも良いことではない。
政次の悲劇の原因は、小野の血筋とここにある。

人間のコミュニケーションというのも実に頼りないですよね。
どんなに言葉を尽くしても、先入観があると伝わらない。

今後の興味は直親ですよね。
直親も頭が良くプライドもあるので、今の状況に不満もあるはず。
家中の力学も働いて、政次に対してどう動くのか?

手紙に関しては、直盛の遺した手紙ではなく、千賀の手紙にした所が一捻りですよね。
直盛の幽霊が次郎の前に現れなかったこともよかった(笑)
凡庸な作家だと、これらのことをしてしまうんですよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
おんな城主 直虎「桶狭間に死す」 (のほほん便り)
桶狭間の戦い、軽く楽勝と考えてたみたいですが、織田勢の奇襲で、今川勢、まさかの大敗。今川義元(春風亭昇太)も、ナレ死してしまいました。そして、次郎法師(柴咲コウ)の父......
【おんな城主 直虎】第9回「桶狭間に死す」 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
柴咲コウ、杉本哲太、財前直見、前田吟、小林薫、三浦春馬、高橋一生、柳楽優弥、貫地谷しほり、ムロツヨシ、宇梶剛士、吹越満、苅谷俊介、でんでん、筧利夫… この記事のコ......
おんな城主 直虎 9話「桶狭間に死す」 (昼寝の時間)
公式サイト 今川義元(春風亭昇太)に従い、尾張の織田攻めへと向かった直盛(杉本哲
大河ドラマ『おんな城主直虎』第九回 (レベル999のgoo部屋)
「桶狭間に死す」内容永禄三年。義元(春風亭昇太)は、二万五千の兵を率い、尾張へと攻め込む。その軍には、井伊家当主・直盛(杉本哲太)の姿もあった。勝利は約束されていると......
おんな城主直虎 第9回 桶狭間に死す (事務職員へのこの1冊)
第8回「赤ちゃんはまだか」はこちら。 前回の視聴率は13.4%と予想に反して持ち直している。橋田壽賀子パターンがみんなお好みなのかしら。今回は桶狭間なので、“いかにも大......
【おんな城主 直虎】第9回感想と視聴率「桶狭間に死す」 (ショコラの日記帳・別館)
「桶狭間に死す」【第9回の関東の視聴率は、3/6(月)追記予定】 桶狭間の戦いで
大河ドラマ「おんな城主直虎」 #09 桶狭間に死す (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
ついに桶狭間。 井伊家の運命が大きく動きだす。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」生き残る為の決断9直盛も戦死で家督が定まらず政次が奥...... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「おんな城主 直虎」第9話は桶狭間に出陣した今川勢だったが、織田勢のまさかの奇襲攻撃により義元が討ち取られ、井伊勢も直盛が戦死するという予想外の結果となった......