平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

八重の桜 第13回「鉄砲と花嫁」~尚之助様を会津に縛りつけてはなんねえのです

2013年04月01日 | 大河ドラマ・時代劇
 尚之助(長谷川博己)という人物について考えてみる。
 聡明な人物ではあるが、政治家タイプではない。
 政治家タイプとは、ズルさや駆け引き、謀略も厭わず、派閥(仲間)を作り、組織を動かし、戦略的に物事を進めていくタイプ。
 尚之助は実直でやさしく、職人・学者気質の技術屋。
 自分の技術で組織に属さなくても生きていける。
 自由人で根無し草とも言えるかもしれない。
 だから八重(綾瀬はるか)は言う。
「だから、ならぬのです。尚之助様を会津に縛りつけてはなんねえのです」

 一方、尚之助はそんな自分の気質を理解しながら、根を下ろすことを望んでいる様子。
 八重と共に会津の地に生き、技術屋として自分の理想とする鉄砲を作っていく。
 これが彼の夢。
 そして尚之助が妻に八重を選んだのは、もちろん<鉄砲>という共通点を持つ八重という女性に惹かれたからだろうが、もうひとつは<会津>という土地柄が彼に合っていたからだろう。
 会津の実直さ、生真面目さが彼には合っていた。
 実際、会津はブレないし、ズルく立ちまわらない。
 劇中、京では、田中土佐(佐藤B作)が「我らはいったい何と戦っているんであろうのぉ」という嘆くせりふが合ったが、会津は<徳川家と帝を守る>という一点でまったくブレていないのに、世の中の情勢は変わって、疎まれ、「京都派」と陰口をたたかれ、憎まれるようになる。
 世の中の情勢に応じて臨機応変に対処し、自らの力を維持、拡大していくのが政治の世界だと言えばそれまでだが、会津にはそういう柔軟さ、悪く言えばズルさがない。
 勝麟太郎(生瀬勝久)は徳川家と明治政府の二君に仕えたし、西郷(吉川晃司)は会津から長州に鞍替えした。
 話をもとに戻すと、尚之助はそんな実直な会津だったからこそ、この地に根を下ろそうと思ったのだろう。

 しかし、歴史の大きな流れの中では、時代や情勢を的確に読んで臨機応変に対処できない個人・組織は淘汰される。
 黒を白と言えない個人・組織は情勢が変われば、敵視され排除される。
 ぼくは、尚之助や会津の生き方は好きなんですけどね。
 でも一方で、勝麟太郎の生き方も好き。
 むずかしいですね。


『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オールスター感謝祭~壇蜜さ... | トップ | 大日本アカン警察~がんばっ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
決断 (TEPO)
2013-04-04 22:01:52
正直申しますと、今回秋月悌次郎に託した覚馬の伝言には最初違和感がありました。
前回の手紙で八重と尚之助との結婚を提案しておきながら、今回は尚之助が会津を離れる可能性を示唆するというのでは、尚之助のためを思っている点では共通するものの、方向がまったく逆だったからです。

しかし、これは二人の選択がそれぞれ自分の熟慮によるものであることを示すためだったようです。
当初、八重と尚之助とは互いに相手のためを思えばこそ「すれ違い」でした。

八重は
>自由人で根無し草とも言えるかもしれない
尚之助を縛りたくない、と思っていました。

しかし、尚之助は象山の運命が示す「藩」というものの冷酷さを考えた上で

>自分の技術で組織に属さなくても生きていける
確信を得た上で、八重への求婚を決断したわけでした。

尚之助の決断は、覚馬の中にあった矛盾-「八重と共に会津で生きて欲しい」という思いと「自由人であることを大事にして欲しい」という思い-を同時に解決するものだったわけです。

しかし、禁門の変の勝利と尚之助との結婚は会津藩にとっても八重にとっても最も幸福な瞬間だと思います。
今を絶頂にこれから運命は一挙に急落するのでしょうね。
同時に解決 (コウジ)
2013-04-05 10:05:54
TEPOさん

>自分の技術で組織に属さなくても生きていける
>確信を得た上で、八重への求婚を決断したわけでした。

お見事な尚之助の心の中の分析ですね。
自分の鉄砲の技術があれば、いざとなれば藩に頼らなくても、八重を養っていける。
だから結婚を決意した。
納得です。

>尚之助の決断は、覚馬の中にあった矛盾-「八重と共に会津で生きて欲しい」という思いと「自由人であることを大事にして欲しい」という思い-を同時に解決するものだったわけです。

というのも。
遠く離れていても、覚馬と尚之助は理解し合っているんですね。
覚馬は尚之助のことを真剣に考え、何がベストであるかを提案し、尚之助もその提案の意図を理解し、そこに強い友情を感じ、ベストの決断をしている。
いい関係だと思います。

今後の運命が彼らにどのようなドラマをもたらすのか楽しみです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『八重の桜』 第13話 「鉄砲と花嫁」 (英の放電日記)
「いづでも、どこにでも、旅立っていいのです。 やりてえことを、おやりになっていただきてえのです」 「私はここで生きたい。八重さんとともに、会津で生きたいのです。  妻になってください」 「……………はい」  お互いのことを思いやるふたり、ついに結ばれた。 ...
【八重の桜】第13回 「鉄砲と花嫁」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
都から戻った秋月(北村有起哉)は、八重(綾瀬はるか)と尚之助(長谷川博己)に、 覚馬(西島秀俊)からの伝言を語る。 いったん勧めた縁談を取り消し、尚之助に他藩への移籍を促すもので、尚之助は怒り...
八重の桜 第13回「鉄砲と花嫁」 (D☆エディション)
長州攻めが西郷の和平交渉案により中止に。 会津藩の孤立化の始まり…。 八重の尚之助の結婚はそんなときになります。 後のことを考えると、一番幸せだった日々の思い出になるので ...
大河ドラマ「八重の桜」第13回 (日々“是”精進! ver.F)
八重の嫁入り… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201303310006/ 八重の桜 二山本 むつみ 五十嵐 佳子 NHK出版 2013-03-26売り上げランキング : 598Amazonで詳しく見る by G-Tools
八重の桜 - 2013年大河ドラマ 綾瀬はるか (新ドラマQ)
2013年大河ドラマ「八重の桜」 日曜 NHK 2013年1月6日 - 12月(予定)(50回) [キャスト] 綾瀬はるか 西島秀俊 長谷川博己 松重豊 風吹ジュン 長谷川京子 工藤阿須加 黒木メイサ 剛...
八重の桜 第13回 鉄砲と花嫁 (レベル999のgoo部屋)
『鉄砲と花嫁』 内容 薩摩軍の加勢により会津軍らが守る御所は、長州軍から守られた。 それからひと月が過ぎ、幕府が長州征伐を考え始めた頃。 会津から官兵衛(中村獅童)の部隊が到着する。 容保(綾野剛)に遅参を謝罪する官兵衛(中村獅童)であったが、 容保は労を...
「八重の桜」 第13回、鉄砲と花嫁 (センゴク雑記)
大河ドラマ「八重の桜」。第13回、鉄砲と花嫁。 今回は八重と川崎尚之助の結婚話がメイン。 珍しく主役らしいですね。
大河ドラマ「八重の桜」信念の人13八重は尚之助からの求婚を一度は断固拒否するも再三の説得で求婚を受け入れ尚之助と共に歩む決意... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「八重の桜」第13話は八重が尚之助から求婚を申し入れられ1度は断るも尚之助の説得で八重は尚之助の求婚を承諾した。一方長州攻めが議論されていた京都では勝と西郷の ...
八重の桜 第13回 「鉄砲と花嫁」 (青いblog)
● 勝海舟と西郷隆盛の出会い 薪割ってる勝さんが、幕府が潰れかけの熟した柿であることを西郷さんにバラしてしまう。 倒幕を薦めたわけではなかったのだけど、西郷さんはその気になる。 おそろしいやつ...
大河ドラマ「八重の桜」 #13 鉄砲と花嫁 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
なんか、東京スカイツリーからの電波発信だとか・・・。 これって、もしかして、ずっとL字の枠が出ているのかなぁ。 再放送の案内まで出ているし。