平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

ゲゲゲの女房 豊かな世界

2010年09月25日 | ホームドラマ
 最終週。
 お見合いからたった5日間で行われた茂(向井理)布美枝(松下奈緒)の結婚。
 考えてみると、その結婚が作りだしたものは実に豊かだ。
 それは次のようなもの。

 「鬼太郎」「悪魔くん」を始めとする茂のマンガの主人公たち。
 藍子(青谷優衣)、喜子(荒井萌)という子供たち。
 菅井(柄本佑)、倉田(窪田正孝)、小峰(斎藤工)らアシスタントたち。
 マンガの同志・戌井(梶原善)、深沢(村上弘明)。
 豊川(眞島秀和)ら出版社の人達。
 浦木(杉浦太陽)。はるこ(南明奈)。
 質屋さんや喫茶店のマスター、町の三人組の奥さんたち、美智子(松坂慶子)に太一君。
 そして源兵衛(大杉漣)、修平(風間杜夫)ら親たち親戚たち。

 彼らが茂夫婦を中心にしてあたたかい絆で結ばれている。

 だから20周年パーティのシーンは圧巻だ。
 茂たち夫婦の総決算とも言える。
 知った顔ばかりで、この作品をずっと見てきた視聴者もこのパーティに参加しているような気分になれる。
 喜びを共有していっしょに祝っているように感じる。
 布美枝はパーティの後、茂から娘たちからプレゼントされた花束を渡されて「最良の日だ」とつぶやきましたが、われわれががんばって生きるのはこうした<最良の日>を迎えるためなのでしょう。
 どんなに毎日がつらくてもいずれは<最良の日>が来ると信じたい。

 ラストに源兵衛の死を持ってきたのも奥が深い。
 普通なら茂から花束を渡された金曜日のお話で終わらせてもよかったのですが。
 この物語のすべての始まりは源兵衛だったんですね。
 源兵衛が結婚を決めたから、この豊かな収穫を得られた。
 源兵衛のもたらした収穫は布美枝夫婦だけではない。
 葬式に集まったあんなにたくさんの家族たち、親戚たち、未来を担う小さな孫たち。
 源兵衛というひとりの人間がもたらした人の連なり。
 こんな豊かな収穫を得られたのは源兵衛の強い愛情があったから。
 源兵衛は「枝が栄えて葉が茂る」と布美枝と茂の幸せを願い、脳梗塞で体が不自由になりながらも布美枝たちの幸せを祈った。
 ひとりの人間の愛情がここまで大きな実りをもたらす崇高さ。
 人の営みに関する哲学のようなものも感じる。
 また、これは現代に対するアンチテーゼでもある。
 先日あった子育てを放棄して餓死させてしまった悲惨な事件。
 きっと餓死させてしまったお母さんには源兵衛のような大きな愛情はなかったのだろう。
 だがそれだと何も実らない。 

 この作品が提示する豊かなものをどうとらえるか?
 これは来週にでも考察していきたい。

 最後に〝豊かな世界〟をありがとう!

※追記
 〝豊かな世界〟ということで言うと、茂たちは現実世界とは別に<妖怪の世界>も持っているんですね。
 実に豊かだ。


『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 菅総理、やはりあなたは無能... | トップ | 尖閣諸島問題~本質は普天間... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
脱帽! (Nolly Chang)
2010-09-25 23:30:23
ゲゲゲの女房、よかったですね。
役者も演出もよかったんですが、半年通しての脚本の構成力が秀逸だったと思います。
人間のかかわりや、想いが、きちんとつながって描かれていたなと思います。
大河ドラマも山本むつみさんに書いてほしいなと思いました。
TBしますね。
すべての登場人物が…… (コウジ)
2010-09-26 11:19:15
Nolly Changさん

いつもありがとうございます。

「ゲゲゲの女房」終わってしまいましたね。
毎日の楽しみがなくなってしまった感じです。
>脚本の構成力が秀逸だった
せいで、すべての登場人物が魅力的に描かれていましたよね。
彼らがどんな人物で、茂たち夫婦にどう関わってきたが全部視聴者に伝わっている。
一部では布美枝が主人公として弱いという批判もあるようですが、ある意味、布美枝は視聴者目線に近い目撃者の役割だと思いました。

おっしゃるとおり
>大河ドラマも山本むつみさんに書いてほしい
ですね。
すべての人物が描き込まれ、主人公と様々な形で描かれていく大河ドラマになると思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
【ゲゲゲの女房】最終回(第155回)&キンス... (ショコラの日記帳)
素晴らしい最終回でした♪ 今から観劇に出かけるので、簡単に書きます。今日は、源兵衛さんの死の後だったので、暗くなるかと思ったんですが、全然、暗くありませんでした(^^...
連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」最終回 (日々“是”精進!)
 最終週「ありがとう」最終回昭和61年9月末。秋風が吹き始めたころ、安来から“源兵衛に関する知らせ”が届く。布美枝、茂、藍子、喜子の4人は、一家そろって安来へと向かう。...
ゲゲゲの女房第26週「ベトベトさん先にお越... (バレルオーク日記)
「私でよかったのですかね」布美枝とお見合いしていなかったら,茂は間違いなく今でも独り者です!「あれはやっぱり」「お前よう知っとたなあベトベトさんの呪文」「昔教わったんで...
ゲゲゲの女房 最終回 (松下奈緒さん) (yanajun)
松下奈緒さんは、NHK連続テレビ小説の第82シリーズの作品『ゲゲゲの女房』に村井布美枝 役で出演しました。今週は最終週「ありがとう」が放送されました。●あらすじと感想
NHK「ゲゲゲの女房」を全部みて (オレンジの太陽)
今日、NHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」が最終回を迎えた。 第1回からすべ
彼岸花>『ゲゲゲの女房』第156話 (もう…何がなんだか日記)
源兵衛父さんのラッパ・エピはももももしやトランペットが登場する『てっぱん』への前振りか…と、一瞬疑惑にかられてしまった私は致命的なまでに朝ドラ脳!?…ひじゅにで...
ゲゲゲの女房 (Akira's VOICE)
最終週の感想&総括 
NHKドラマ「ゲゲゲの女房」最終回 半年間楽... (今日も何かあたらしいこと)
水木しげるさん夫妻の二人三脚を描いたドラマ「ゲゲゲの女房」もついに最終回。半年間、じわ~っとしみじみとほのぼのと、毎日楽しませてもらいました。主人公の松下奈緒さんは、最...