平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

おんな城主直虎 第4回~われは亀の竜宮小僧になる!  それには何をしたらいい?

2017年01月30日 | 大河ドラマ・時代劇
「われは僧として亀を助ける!
 亀の竜宮小僧になる!
 それには何をしたらいい?」

 おとわ(新井美羽)がアイデンティティを見出した瞬間だ。
 人はアイデンティティを見出した時、強くなり、やるべきことが見えてくるんですね。
 たとえば、女性が〝母親〟になった時の強さと言ったらハンパない。
 おとわもそうだった。
 もともと行動力のある子だから、〝亀の竜宮小僧〟になると決めたら突っ走ることができる。
 僧としての修行も苦にならない。
 ……………

 千賀(財前直見)は〝井伊家の御台所〟であり、〝おとわの母〟だった。
 だから、寺での修行がつらくて戻ってきたおとわに「戻ってこられては困るのじゃ」と、井伊家存続のために突き放す。
 しかし、母親だから、突き放した自分がつらくて、「男たちが不甲斐ないからこうなるのです」と当ってしまう。
 千賀は〝御台所〟と〝母親〟というふたつのアイデンティティの間で揺れている。
 そして、強い。

 一方、直盛(杉本哲太)。
 直盛は周囲の状況に流され、自分を見失っている。
 今川にこのまま忍従していていいのか?
 謀略に目をつむり、小野和泉守(吹越満)を暗殺させるべきか?
 直盛は迷う。
 完全なアイデンティティの喪失状態だ。
 そんな直盛が最後に見出した結論は……
・小野和泉守を救うこと。
・同時に、小野に「直満(宇梶剛志)の所領を受け取るのは半分にしろ」と言い、小野が不服を言うと、「あの男(直満)がわしの心であったことがわからぬか!」と叱ることだった。

 直盛が見出したアイデンティティは、〝やさしさ〟なんですね。
 新野左馬助(苅谷俊介)が「殿の花はお優しうございますね」と語ったように、直盛は〝やさしさ〟という自分を見出した。
 だから小野和泉を救った。
 これにはアイデンティティに裏打ちされた強さがあるから、暗殺者に「武勇の誉れ高き井伊も地に落ちたものじゃ」と蔑まれても揺るがない。
 小野和泉を救ったことは、〝憎しみ〟や〝今川を怖れた弱腰〟からではない。
 あくまで〝やさしさ〟なのだ。
 一方で言うべきことは言う。
「あの男(直満)がわしの心であったことがわからぬか!」
 亡き直満への思いも直盛のアイデンティティなのだ。

 今回のことで直盛は変わりましたね。
 自分をしっかり取り戻した感じ。
 ……………

 最後は南溪和尚(小林薫)。
「あの子は蝶よ、花よと育てるものではない。そう思えたのじゃ」
 敢えて、おとわに厳しい試練を与える南溪和尚。
 和尚は、おとわが強く、試練を与えれば何らかの結論や結果を出してくることを知っている。
 前回の今川の駿府城でもそうだった。

 試練は人を強くする。
 もちろん、人には違いがあって、過酷な試練を与えると潰れてしまう人もいるので一概には言えないが、おとわの場合は大丈夫なようだ。
 南溪和尚の試練が、おとわに戦国時代を生き抜く強さを与えたのだろう。
 
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「スーパーサラリーマン佐江... | トップ | トランプ大統領の入国規制に... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
竜宮小僧の根城龍潭寺 (TEPO)
2017-01-31 01:07:20
森下さんだったら、との願いを込めての森下びいきです。
大人たちの心の描写には芸の細かいところがありました。

千賀については、おとわを煽てた場面があり、そしてご指摘の厳しく突き放した場面とを対比した上で

>母親だから、突き放した自分がつらくて、「男たちが不甲斐ないからこうなるのです」と当ってしまう。
しかし、当たったことばを直接話法の中に入れてしまい「そう怒れば何か変わるのでしょうか?とわをもどしていただけるのでしょうか?」と自らの憤りを客観視させているところは印象的でした。

>今回のことで直盛は変わりましたね。
>自分をしっかり取り戻した感じ。

おっしゃるとおり、直盛は「成長」しました。
杉本哲太さんが演じるから壮年に見えますが、考えてみれば、直盛自身の祖父直平も健在ですし、10歳前後の子供の父親は当時の結婚年齢を考えるとおそらく20代で、まだ若いのでしょう。

「お花、そろそろ変えねばなりませんね」という千賀の言葉に「うむ。変えねばの」と答えた場面、直盛が脱皮に向けて意を決した心をうまく描いていたと思います。

しかし、おとわ周辺ではちょっと突っ込みどころがありました。
おとわの出家は井伊谷では知れ渡っていた筈です。
余所の町ならいざ知らず、井伊谷城下の民衆は小坊主が「姫」であることは当然わかっていたと思うのですが。

と自分で突っ込んでおきながら、あくまでも森下びいきで庇うとするならば、おそらくあらかじめ龍潭寺が姫小坊主を特別扱いして甘やかさないようにお触れを回していた可能性があるように思いました。

龍潭寺の力には侮りがたいものがあり、武術も訓練している僧侶たちはひとかどの武人です。
小野和泉を襲った若侍を取り押さえたのも僧たちでした。

私は、「竜宮小僧」の正体は龍潭寺の僧ではないかと睨んでいます。
最初におとわが「忍びではないか」と思ったのは正鵠を射ていたわけです。
つまり、少なくとも井伊谷の領内では龍潭寺の僧たちは忍びのような機能を果たしており、陰からおとわたちや人々を見守っているわけです。だから

>僧としての修行も苦にならない。

「竜宮小僧になる」というおとわの答えは、「龍潭寺の僧になる」という意味でもアイデンティティの確立を意味しており、大正解だったわけです。
あとは、おとわ=次郎法師は柴咲コウさんの姿になるまで「一直線だった」ということなのでしょう。
坊主頭の新井美羽ちゃんは格別に可愛かったので、もう一話くらい見てみたかった気もしますが。
芸の細かさ (コウジ)
2017-01-31 09:27:03
TEPOさん

いつもありがとうございます。

おっしゃるとおり、今回は芸が細かかったですよね。
千賀に「そう怒れば何か変わるのでしょうか?」と言わせた客観視。

「お花、そろそろ変えねばなりませんね」という隠喩。
それを受けての、
「殿の花はお優しうございますね」

龍潭寺の存在は、今後、ますます大きくなっていきそうですね。
精神面だけでなく、軍事面でも。
お寺、僧兵に着目した所は、森下さんのヒットですね。

さて、次回からは柴崎コウさんが登場して、いよいよ本番。
イケメンふたりとの三角関係みたいな展開には持っていってほしくないのですが(=そんなものは大河ドラマでやる必要はないので)、果たしてそうなるのでしょう?
名残惜しい美羽ちゃん (ふうりん)
2017-02-01 00:58:48
4話は子供時代の終わりの回、私ももう一話…観たいと思いました。

千賀のおとわに対しての向き合い方、そして考えの導き方はいつも見事だなと感心いたします。1話の「もしも、仮に、よしんば…」と詰め寄るところなど印象的で思いだされますが、今回も見事でした。

気丈に振舞う千賀ですが、おとわが寺に預けられる事について、実は誰よりも一番深く堪えていた…と思わせる情景が、ディテールにいくつか盛り込まれており見逃せないところでした。
初めに南渓和尚が寺に引き取りたいと話すのを物陰で聞いている時の憂えてる表情。
周りの者に発した「裏の寺に行くだけなのですから」
「裏の寺に戻るだけなのですから」…自分に言い聞かせているのと同義と感じました。

そして「そう怒れば何か変わるのでしょうか?」…l嘆く事で何かが変わる訳ではない…どうにもなりはしない…感情を逆説的にさらけ出すことにより深い悲しみを抱え尚も毅然としている姿が浮き彫りになった瞬間に見えました。

直盛が小野に「あの男がわしの心であったことがわからぬか!」の『あの男』とは…
小野を襲った仇討男のことだと思っていました。
直盛が襲われた小野の命を救い擁護したのは、態で示しお咎め無く、改心させようと試みた…一方、小野は解する事無く要請に従わないので
『あの男(仇討男)がわしの心(悪事を見通し小野を討つ)であったこと…』と言ったのでは?

全て承知の上で治めるゆえ、直満の所領半分で諦めろ(思惑や野心も?)と譲歩した。
これが直盛なりの優しい決断。
台詞ですが「直満殿の所領の半分は諦めよ…」
と殿付けしているところに「あの男」と呼び名を変えるとしたら不自然な繋がりに思えてしまいます。

そして「…わからぬか!」と直盛が放った後の小野の蒼ざめた表情にも裏づけされ…
最後の「あくまでと言うなら、もう容赦はせん」…は
<直満を殺した、お前の悪事を許さない>『あの男』はわしの心であったのがわからぬか!という事なのかと。

もしや字幕に(直満)とあったのでしたら、それはそれでまた印象が違うものになり、私の捉え方違いかもしれません。

エンディングで幼き次郎法師が経を唱えながら去っていく…手前に横切る引き車でフェードアウトの形をとり、あちらから19歳に成長した次郎法師、やはり経を唱えながら歩いてくる…うまい繋がりで引き継がれました。
脚本家の森下さんの望まれた柴咲さんの歌うように経を読むシーンがお披露目されました。
確かにエンターテイメントの楽しみが随所にちりばめられたという狙い通りの面白さを既に感じ始め4話が終わりました。






あの男! (コウジ)
2017-02-01 19:10:24
ふうりんさん

いつもありがとうございます。

>「裏の寺に戻るだけなのですから」
千賀のせりふにありましたね。
千賀のせりふはこういうのがあるから見逃せませんね。
表面上の意味とは違った心情が隠されている。

「あの男」とは誰なのか?
なるほど、確かに直満のことは「あの男」とは呼びませんよね。
その後、「あくまでと言うなら、もう容赦はせん」が続きますし。
小野和泉を斬りたい思いを抑えた直盛。
なので、「あの男がわしの心であったことがわからぬか!」が直盛の振り絞るようなギリギリの心の叫びだったんですね。

僕はまだ、この作品とシンクロできていないようです……org

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
おんな城主 直虎「女子(おなご)にこそあれ次郎法師」 (のほほん便り)
今川家から人質に出すことを拒んだり、大人の諸事情。鶴も亀も傷つけたくなかった苦肉の策、出家することになった、おとわ(新井美羽)ですが、エネルギッシュなおてんば娘は、ま......
【おんな城主 直虎】第4回「女子(おなご)にこそあれ次郎法師」 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
柴咲コウ、杉本哲太、財前直見、前田吟、小林薫、三浦春馬、高橋一生、柳楽優弥、貫地谷しほり、ムロツヨシ、宇梶剛士、吹越満、苅谷俊介、でんでん、筧利夫… この記事のコ......
おんな城主 直虎 4話「女子(おなご)にこそあれ次郎法師」 (昼寝の時間)
公式サイト 井伊家の本領安堵の条件としておとわ(新井美羽)は正式に出家することに
大河ドラマ『おんな城主直虎』第四回 (レベル999のgoo部屋)
「女子(おなご)にこそあれ次郎法師」内容今川家から、おとわ(新井美羽)を人質に出すよういわれたものの、おとわ、南溪和尚(小林薫)らの奮闘で、人質となることは回避される......
おんな城主直虎 第4回「女子にこそあれ次郎法師」 (事務職員へのこの1冊)
第3回「おとわ危機一髪」はこちら。前回の視聴率は、裏のDASH島スペシャルの影響もあってか14.3%と降下。ようやく調子が出てきたのにな。なにはともあれ、こまっしゃくれた子役(......
【おんな城主 直虎】第4回感想と視聴率「女子にこそあれ次郎法師」 (ショコラの日記帳・別館)
「女子にこそあれ次郎法師」 第4回の関東の視聴率は、前回の14.3%より上がって
大河ドラマ「おんな城主直虎」 #04 女子にこそあれ次郎法師 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
今年のサブタイトルは長いなぁ。 とわは出家。 やっぱり先を考えずに行動してますねぇ。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」生き残る為の決断4おとわは出家の意味を出家して知りそ...... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「おんな城主 直虎」第4話はおとわの出家を条件に井伊家の本領安堵とされたが、おとわは自ら行った事の意味をよくわかっていなかった。そんな中でおとわは出家する事......
おんな城主直虎第4回「女子にこそあれ次郎法師」 (森の中の一本の木)
在家に置いたまま出家させることも出来た。だけど南渓和尚はそうはしなかった。それはおとわの資質を見抜いたからだ。 厳しい修業が始まる。だけどたった一日でおとわは逃げ帰る......
おんな城主 直虎第4話 & ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館5期第7話(1.29) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
おんな城主 直虎第4話 おとわ(井伊直虎)が嫌々出家して次郎法師となったと。 禅問答みたいなやりとりばかりだなあ。 主人公が成長して、少しは変わるのでしょうか。 ダウントン......