平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

「のだめカンタービレ」を考える。

2010年04月18日 | その他ドラマ
 ドラマの新しさというのは「のだめカンタービレ」のような作品を言うのだろう。

★まずコミック・アニメと実写の世界の完全な融合。
 昨夜「最終楽章 前編」の裏で「怪物くん」をやっていたが、コミック・アニメとの融合と言うと、どうしても子供向きになってしまう。かつらや特殊メイクが気になってしまう。実写版「セーラームーン」もそうだった。
 ところが「のだめ」はわりと自然。
 のだめがアニメの世界に入り込んでも、光線をぶつけあっても、のだめの代わりに人形が投げ飛ばされても、ほとんど違和感がない。
 これは主人公のだめがピアノの<天才>であること、変わり者の天才だからアニメの世界に入り込んでも仕方がない、みたいなキャラクター性のためだと思うが、結果「のだめ」はコミック・アニメとの融合という文体を見事に確立した。
 そして我々は今までに見たことのない色彩豊かな映像を見ることが出来た。
 このラインの作品では「ライアーゲーム」がそうだろう。
 登場人物たちはデフォルメされてマンガ的だったし、ゲームのルール紹介の映像はアニメだった。

★音楽がバトルになることを描いたのも新しい。
 映画などでピアノのコンクールを題材にしたものがあったが、指揮をバトルにしたのはこれが初めて。
 また、この作品で指揮者という職業がどういうものかがよくわかった。
 <教師><刑事><医者>などがドラマでよく描かれる職業だが、これらはいい加減手垢がついている。
 いかに新しい職業を持ってくるかは今後のドラマのポイントだ。

★このように新しいドラマを提供した「のだめ」だが、一方でこれはスポ根ドラマでもあったんですね。
 今回の最終楽章・前編を見て思ったのだが、シュトレーゼマン(竹中直人)は「エースをねらえ!」でいう宗方コーチ。
 のだめや千秋に様々な試練を与えて、彼らを成長させている。
 のだめたちはシュトレーゼマンの手のひらの上で踊らされていたわけだ。
 しかし「のだめ」の新しい所は、シュトレーゼマンを宗方コーチのような厳格な人物にしなかったこと。
 キャバクラ好きでキスを求めたり、胸を触ったりする。宗方コーチなら絶対にしない。
 逆にシュトレーゼマンが宗方コーチのようにお堅い人物だったら、これほどヒットしなかったのではないか。
 既存のキャラをどうひねるか?
 これもドラマの新しさのポイントだろう。


『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 素直になれなくて 現実を生... | トップ | 龍馬伝 第16回「勝麟太郎」 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
恋愛ドラマ (みのむし)
2010-04-18 18:31:21
このドラマは音楽と言うものを通して
成長していく姿も描いているけど、
恋愛ものでもあるんですよね。
だけど、とっても自然な感じがするなぁ。
って昨日最終章の後編を見に行って
思いました。
ちょうど「素直になれなくて」を
前の日に見たばかりで
なんでもかんでも心の闇ばかりに
スポット当てて恋愛ドラマに結び付けようと
するのが多い中、こうやってひたむきに
何かに打ち込んでいながら恋愛もする
っていうドラマが最近少ないよなぁ。
って感じました。
そういう面でも新しい感じがしますね。
後編が楽しみです (コウジ)
2010-04-19 12:58:48
みのむしさん

いつもありがとうございます。
後編に行かれたんですね。
前編は後編に繋がる序章みたいな感じでしたね。のだめと千秋はあまり絡んでいませんでしたし。
僕は未見ですが、どう決着がつくのか楽しみです。

恋愛ドラマについても同感です。
今はともかく前向きに笑いたい。
千秋にふさわしい存在になるためにがんばるのだめ。
のだめの才能を引き出したいと思う千秋。
そんなふたりの関係もいいですね。


私も見ています (TEPO)
2010-04-19 20:38:10
2008年正月に本編(のだめ&千秋@国内)がまとめて放送されたのを視聴したのがきっかけで既放送分の本作は見ました。
本作も原作は漫画コミックでアニメ版もあるようです。アニメ的画面が自然なのはそのためかもしれません。

今回私が良かったと思うのは、黒木が押しつけられた相棒のオーボエ奏者の娘の台詞「今度の指揮者さんは嫌な奴だけど、みんな「本物」だって(言ってるよ)」でした。

千秋の試練のパターンは、彼の妥協を許さぬ厳格さによるオケメンバーとの確執ですが、今回は「千秋以上に千秋的な」コンマスであるトマ・シモンが登場して、これまでとは少し角度が変わっているかもしれません。
トマ・シモンの厳格さは当初千秋にも向けられますが両者の思想は共通しており、その結果共鳴した二人の心が公演舞台に向かう直前の会話に抑えられた形で表現されていたのも良かったと思います。

今回に先行する渡仏後のスペシャルも2回に分かれていて、1回目が千秋の試練、2回目がのだめの試練でした。
もちろん、後編は見ていませんが、おそらく千秋と共演したい、という夢が砕かれるという形でのだめを試練が襲うのでしょう。今回すでにシュトレーゼマンの仕掛けにより、千秋はピアノ協奏曲を「引き振り」-千秋自身がピアノを弾くのでピアニストは不要-するのを見て、失意に沈むのだめの姿がありました。
大団円になるとは思いますが、後編はどのようなドラマなのか、放送される日を楽しみに待ちたいと思います。
音楽で結びつく (コウジ)
2010-04-20 11:17:01
TEPOさん

TEPOさんもご覧になっていらっしゃいましたか。
面白いですよね、のだめは。

いい音楽を作っていくために、最初はバラバラだったオーケストラが力を合わせていく。
オーケストラを題材にしたため、みんなで作り上げていくというテーマが見事に出ましたよね。
苦労しなければ、いい音楽など生まれないし、人生の歓喜もないことも教えてくれましたし。
見事なビルディングスロマンです。

大団円は、やはりのだめの千秋のピアノ協奏曲での共演でしょうね。
やはりのだめと千秋は音楽で結びつかなくてはならない。
予告ではシュトレーゼマンと共演していましたが、きっと何か仕掛けがあるんでしょうね。

僕も後編が楽しみです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
のだめカンタービレ♪ 最終楽章後編 (Simple*Life ドラマ感)
劇場にて鑑賞。 公開初日だったせいか。 ポストカードと千秋とのだめのラブラブシーンをおさめた 小冊子がもらえました。 旦那さんと二人で行ってきましたよ。 いやぁ。面白かったです。 これで最後かぁ。と思うと感慨深いものがありました。 でものだめと千秋のこれか...
のだめカンタービレvol.56 映画<のだめカンタービレ最終楽章・後編> (美味-BIMI-)
  昨年12月に公開された『前編』に続き、『後編』見てきました!! 初日・予約での映画鑑賞です!^^! 1日の舞台挨拶・観客動員数の最多記録(12,107人)も突破したそうですよ!! 凄い!^^! (→<のだめカンタービレvol.42 映画<のだめカンタービレ...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (Akira's VOICE)
静かに感動。ブラボーと拍手♪♪  
『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』に学ぶ世界戦略 (映画のブログ)
 『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』は、ヨーロッパを舞台にした映画だ。  外国に飛ばされてしまう映画や、見知らぬ外国で事件に巻き...
のだめカンタービレ(後編) (映画的・絵画的・音楽的)
 遅ればせながら『のだめカンタービレ 最終楽章 後篇』を、渋谷の渋東シネタワーで見てきました。  勿論、本年1月にその『前篇』を見たからですが、それもかなり面白かったがために、今回作品も期待を込めてぜひ見てみようと思っていました。 (1)実際に見たところも、...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編  (のほほん便り)
前半は千秋(玉木宏)がダメ・オケを起死回生させる快進撃!で、後半が、待望の、のだめの才気・開眼パート… やはり日本時代の懐かしいメンバーが混じると楽しいですね。峰(瑛太)クンと真澄(小出恵介)ちゃん。3人での、すちゃらかパリ観光やどんちゃん騒ぎ(なん...