平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

八重の桜 第20回「開戦! 鳥羽伏見」~このいくさの行き着く先は地獄だ!

2013年05月20日 | 大河ドラマ・時代劇
 鳥羽伏見の戦いを見事に描きましたね。
 西郷(吉川晃司)が平和的解決でなく、幕府とのいくさにこだわるのは
「人は大きく変わるのを怖れる」
 だから、幕府を完膚なきまでに打ちのめし、もはや徳川の世でないことを示さなければならない。
 すなわち
「国を更地に戻すには血を流す必要がある」。

 明治維新が<革命>か<改革>であるかは、歴史家によって意見の分かれる所ですが、日本の場合は面白いですね。
『フランス革命』『ロシア革命』、いずれも古い秩序の象徴である王室を滅ぼした。
 ところが、日本の明治維新では皇室を残し、立憲君主制に移行した。
 これが、維新が<改革>だと言われる所以ですが、一方で幕府を倒すという<革命>の要素をもある。
 いったい、明治維新はどちらなんだろう?
 こういう西洋の歴史モデルに当てはめること自体が間違いなのか?

 ちなみに自民党の憲法改正草案・前文にはこんな表記。
「日本国は、長い歴史と固有の文化を持ち、国民統合の象徴である天皇を戴く国家であって、国民主権の下、立法、行政及び司法の三権分立に基づいて統治される」。
 このように自民党も新たに<天皇>を持ち出して来ている。
 日本の歴史においては<天皇>がさまざまな形で登場してくるんですね。

 さて話を鳥羽伏見に戻すと、この一連の動き、すべて西郷の手のひらの上で転がっているような感じですね。
 慶喜(小泉孝太郎)は必死に抵抗するが、役者は西郷の方が上、「もはや戦うしかない」所に追い込まれる。
 そして鳥羽伏見で幕府軍が敗走すると、西郷は
「機は熟した。ここで錦旗をあげれば、われらは官軍、慶喜は朝敵」とほくそ笑む。
 今回は、歴史のダイナミズムが見事に描かれていて、特に面白かった。

 林権助(風間杜夫)に関しては、身につけていた鎧が昔ながらの物であった所が興味深かった。
 これは会津が近代装備ではなかったことの象徴。
 どんなに会津魂があり、精神力があっても武器の優劣には勝てないというシビアな歴史の現実。
 もし装備で劣る者が活路を見出すとしたら、敵の側面を突こうとした新選組のようなゲリラ戦法しかない。

 会津の八重(綾瀬はるか)パートも、会津が前近代的あったことを描いていく。
 何しろ八重たちがしていたことは、お守り作りと歌。
「使う武器は違うけんじょ、私たちの思いは同じですね」という八重と中野竹子(黒木メイサ)の心の交流はあったが、竹子が持っているのは近代装備からは程遠い薙刀。
 <昔ながらの鎧><お守り><和歌><薙刀>。
 おまけに会津は朝廷に歯向かう逆賊で、精神的支柱も弱い。
 これでは会津が勝てるわけがない。

 悲愴な歴史がいよいよ始まる……。

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八重の桜 第19回「慶喜の誤... | トップ | しゃべくり007~ロバート... »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まず林権助 (TEPO)
2013-05-20 23:52:10
>悲愴な歴史がいよいよ始まる……。

これからこれまでのレギュラー陣が次々と非業の最期を遂げてゆくのでしょうね。

今回はまず林権助。
公式HPの「登場人物」では「鳥羽・伏見の戦い」で銃弾を浴び、江戸に送られる船中で没した」とされていたのに、劇的な最期に描かれていました。弁慶の「立ち往生」さながらに敵陣を睨み据えての「座り往生」。
口髭を生やして目立たせ、前回殊更に覚馬との心温かいやり取りを描いたのは今回の伏線-いわゆる「フラグ」-だったわけでした。

来週は三郎と神保修理-修理が実際に最期を遂げるのはことによると再来週-でしょうか。

>八重と中野竹子の心の交流はあったが、竹子が持っているのは近代装備からは程遠い薙刀。

この「心の交流」もおそらくこの辺で「フラグを」ということなのでしょうね。
竹子の最期から考えても、今のままでは鉄砲を軽侮していた竹子は「愚昧な前近代性」の戯画になってしまいますから。
もっとも、おそらく今回の場面から逆算して二人の出逢いを敢えて「ライバル」としての緊張感あるものとしたのかもしれませんが。

私としてはやはり戊辰戦争は早く済ませてほしいと思います。
予告動画によれば、たしかにこれから八重は大活躍するようですが、所詮は「善戦」にすぎないわけですし。
しかし、やはり「どん底からの再出発」ということで悲惨な場面をしっかりと描くのでしょうね。
敗者を美化しない (高木一優)
2013-05-21 00:33:59
歴史は生贄を必要としている
会津は生贄となり、やがて西郷も生贄となる運命にある
戊辰戦争を単なる会津の悲劇として描いて欲しくない
白虎隊を美談にするような視点にはうんざりですから
敗者の視点から描きつつも、決して敗者を美化しない
なんとかこの方針を貫いて欲しいです

これからは…… (コウジ)
2013-05-21 08:38:31
TEPOさん

いつもありがとうございます。
八重と竹子の話はドラマチックになりそうですね。
いくさ場で共に戦うふたり。
前半の見せ場になりそうです。

八重はこの戦いで今までの<おっとり>から、<鬼>になるのかもしれませんね。
その原動力は、敵に蹂躙されていく故郷・会津と三郎や竹子の死。
予告では、夫・尚之助が非戦・降伏を解くシーンがありましたが、ここですれ違い、離婚の原因になるのかも。
今回の描写を見ると、これからは、<戊辰戦争は早く済ませてほしい>というTEPOさんの思いとは裏腹に悲惨な展開になっていく感じがします……。
現実の悲惨 (コウジ)
2013-05-21 08:51:12
高木一優さん

いつもありがとうございます。
<敗者を美化しない>という高木さんのご意見に賛成です。
ここは今までどおり、変なお涙頂戴や美談なしで、史実をともかく客観的に描いて、<戦争の悲惨さ><現実の非情さ>がストレートに伝わってくるような感じにしてほしい。

また、ご指摘いただいて気づいたのですが、西郷もいずれは<朝敵>という会津と立場になるんですね。
長州、会津、西郷……、いずれも、ある時は官軍になり、ある時は朝敵となる歴史の流れに翻弄される存在。
実に上手い作品の仕掛けだと思いました。
Re.現実の悲惨 (ゆりパパ)
2013-05-22 03:58:03
>維新が<改革>だと言われる所以ですが、一方で幕府を倒すという<革命>の要素をもある。
 いったい、明治維新はどちらなんだろう?

侍が近代化された軍人に変わったぐらいって、思ってます。
太平洋戦争に負けてからが、本当の近代化だなぁ。
沢山血を流してはじめて新しい波を受け入れられる程度の頭なんだよね。人間の頭って。

憲法の改正に並々なら無い覚悟で臨む自民党に、平和ボケしている国民は、あまり気にも留めないんでしょうね。
自衛隊を国防軍化するってことは、日本ぐらいしか徴兵制の無い国が、近い将来は徴兵制も始まるかもしれませんね。

ドラマや映画でみるだけにして欲しいです、戦争は。
反日感情の高まった隣国も、うがった見方すると裏で自民党が手を引いていたのか、なんて疑ってしまう。

空飛ぶ広報室の主演男優でもある、容保のファンとしては、もう暫くは見たくない話が続くので、悩みどころです。(やっぱり、気になるから見てみたいし)

いや、もう新島八重になってから見ることにしようかな。
NHKの大河は良い女優さんを惜しげもなく使うのも魅力だから、乃木坂46も使ってくれないかな(笑)
忘却 (コウジ)
2013-05-22 09:37:16
ゆりパパさん

いつもありがとうございます。
おっしゃるとおり、1945年の敗戦が、日本の近代化の始まりとする歴史家もいますよね。
明治維新は単なる権力の移行の改革で、1945年まで日本は封建国家だったとする説。

>沢山血を流してはじめて新しい波を受け入れられる程度の頭なんだよね。人間の頭って。

同感です。
そして、悲惨を忘れて元に戻そうとする動きもある。
原発のことでも、あれだけ悲惨な事故が起きたのに、すっかり忘れて原発を推進しようとする人がいる。
第二次世界大戦の敗戦も、そろそろ記憶が風化しているのでしょうか、ふたたび戦争のできる国に変えようとしている。
まあ、容保がそうであったように歴史で何が正しかったかは後世になってみないと評価できないことなのですが、僕は脱原発、憲法改正反対の立場でいこうと思っています。

乃木坂ちゃんに関しては、演技が下手ですからね~。
やはり役者さんとして修練を積んできた人とは違うと思いますし。
でも、出てくれると嬉しいですね。
戊辰戦争雑話 (マロ)
2013-05-25 16:36:11
【開戦時のミラクル雑話】
確かに鳥羽伏見の戦いに旧幕府側は敗れた。しかし、偶然が生んだ結果でしかない。
殆ど命中を期待できない最初の砲撃で、薩摩藩の砲弾は旧幕府軍の弾薬車に命中したのである。
この劇的な一発が旧幕府軍を混乱させ緒戦の劣勢を強いた。
もし、戦いを司る神がいるならば、彼が振ったサイコロは必ずやインチキであったに違いない。

【会津藩の銃装備】
覚馬が購入しようとしているボルトアクションの【バウムガルテン銃】の購入計画を立てますが御存知の通り戊辰戦争には間に合いません。
これに対して弥助どんこと大山弥助(巌)は作中でファーブルブランド照会から欠品の【スナイドル銃】を安価で大量に買い付けます。
これはドラマですが、実際は薩摩軍は殆どが【P1853 Enfield Rifle Musket】の筈です。
但し安価で不良品を購入して修理使用したのは事実の様ですが。

所で会津藩が、【バウムガルテン銃】を揃えていれば何とかなるというIF論には与しません。
何故というとこの銃を運用する為の【西洋銃陣の訓練】をしなければなりませんが、史実でも江戸在住会津藩兵に匍匐(ほふく)訓練をやっただけで「武士が地面を這いずり回れるか!」と怒鳴り散らした会津藩兵が居た位です。
要するに慶応4年の時点で【西洋銃陣】を末端迄、全く理解できなかった事を証明しています。
其れを考慮しても、かの【バウムガルテン銃】が壊れたらどうするのでしょうか?
薩摩藩はエンフィールドの不良品をメンテして使用する技術を持っていますが、会津に、かの銃をメンテする技能を有する人物が居たでしょうか?
仮に川崎尚之助を出しても精巧な旋盤機械があった薩摩藩なら兎も角、複雑なボルトアクション式のパーツを会津国内で生産できたのか?

(抜粋)

薩邸焼討~町奉行手記 (マロ)
2013-05-25 16:39:21
慶応3年10月の頃より、江戸市中で強盗が富豪の家に侵入して、江戸府内を騒がせたので、町方でも其のアジトを捜索した所、7~8人或いは10人余りの強盗団は三田の薩摩藩邸に出入りして居ると分ったけれども、どうもこの頃の町方与力・同心らはみな軟弱な輩ばかりで、この強盗団を捕縛する事を躊躇した為、酒井左衛門尉(忠篤庄内藩主・此時府内の取締りを担当していた)に市中を警邏させたが、強盗事件は全く減らなかった。
酒井左衛門尉にはかねて幕府に於て一時、江戸の浮浪の士を所置する為、これらの輩を集めて新徴組という組織を作り、久保田治部右衛門・河津三郎(祐邦)らに支配させたが良い結果にはならなかったので酒井左衛門尉の配下とし、市中を巡視させていた。
この新徴組も全く強盗団を捕縛する事はなかったので、幕閣でも種々の評議があった。其の頃の勝手方(勘定奉行)小栗上野介(忠順)は勢いがあって、3~4人の大物以外は多くが上野介の意見に雷同していた。
又、京都(慶喜)の御所置は関東では非常に緩慢だとの衆評で武力に訴える事を愉快だとする意見、関東にいる海陸軍士官等は最も暴論を主張し、遂に上野介もこれらの意見に基づいて、薩邸を襲撃する事が上策だと閣老に迫ったが、閣老松平周防守(康直)稲葉美濃守(正邦)小笠原壱岐守(長行)らは無断で武力行使を決める事が出来ず、町奉行の駒井相模守(信興)朝比奈甲斐守、(甲斐守は外国惣奉行並で町奉行を兼帯していた。実名は昌広でこの手記の筆者)は、この強盗団の捕縛して鎮定するには薩摩藩邸に掛け合って悪徒を追い出させ、其れでも追い出さないならば其れぞれ所置すべき事もあるでしょう。最もこの場合は何れにせよ「寛」か「猛」かの二つに一つです。問題なのは寛(穏当)に事を運んで失敗した場合、猛(厳正)に事を運んで失敗した場合を考える事です。今この強盗団は実に許し難いのですが、警備を厳重にしておけば、例え犯行があっても強盗だけです。
(砲撃すれば戦争に発展する)京都の事情等は今の有様をただ推測しているだけで、上(慶喜)の御深意も解りませんので、薩邸砲撃は速やかに京都の事情を知ってから決めるべき事で、寛の路線で失敗するのは害が少なく、猛の路線で失敗すれば害は大きいです。速やかに昼夜兼行で京都(慶喜)の思し召しを伺って、事を決めるのが良いでしょう。と、意見した。
又、過激な輩に至っては今京都で今兵を動かさないでいれば、時機を失うばかりでなく、在京の士がみな臆病なので、此方(江戸)で兵を動かせば、初めて眠りを覚まし、憤然として兵を挙げるだろうから、是非砲撃するのが良いと論じ、甲斐守・相模守などは、上(慶喜)の御深謀を知らないで此方(江戸)で事を起こし、京都(慶喜)の思し召しと齟齬する事になっては無謀な砲撃で取り返しの付かない事になるので、兵を動かす事は重大で、其れをただ現在の愉快だの又、下から上を突き上げるだのという様な軽挙では後に必敗を招きます。と、意見した。
これらの論議は3昼夜に及んだ。甲斐守などは「今から直ちに上京し、京師(慶喜)の御事情も直々に伺い、関東の事情も報告し、其れから事を決するとしてもこの往復は蒸汽船ならばおよそ8日間でしょう。其の間は薩邸から強盗団が出られない様に防いで於いて、もし出てしまったとしても強盗事件に止まる事です。
全般の状況に比べれば、強盗事件は小事で、兵を挙げるのは大事ですから、是非直ちに上京しましょう」と意見し、大体其の様に決まったのは12月24日の昼過ぎ頃だった。閣老はこの意見を容れて直ちにこの事を砲撃を主張する輩に伝えた所、忽ち反対説を唱え、薩州砲撃は強盗団の対策だけでなく、関東で兵を挙げる事で京都の睡眠を覚ますという策だ。
其れなのに京都(慶喜)の意向を聞いてしまえば、必ずしや果断挙兵の事は否決され、故に強盗団対策は小事だけれども、其れは問題では無いという議論が沸くが如くで、閣老に至っては誠に酔うが如くだった。未だ、この2つの案を決めかねて居たが、挙兵の事は大いに考える所があって躊躇する方へ傾いて居た所、砲撃派は酒井左衛門尉家来松平新十郎を窃に煽動し、松平新十郎が登営して薩邸を砲撃しないならば、市中を巡邏しても何の甲斐もないので、もし砲撃しないならば酒井家は市中取締を直ちに御免を願うと云うのだった。
閣老も此処に至って、酒井家が市中取締の御免を願ってはならないといって、砲撃論に一決、12月24日夜から三兵(歩兵・砲兵・騎兵)を動員し、翌25日遂に薩邸を焼いた。この時、松平□□頭家来、其の他応援の兵も出た。酒井家では25日夜明け過ぎ、新徴組ノ者を漸く出動させた。其の出で立ちは甲冑・重籐ノ弓を携え、天晴れ300年前の軍押しの様だった。
25日は早朝から砲声が聞こえ、見付ごとの衛士は着込(鎖帷子)・白木綿の後ろ鉢巻で身を固めていた。
又、薩邸砲撃は事前の通告もなく、ただカタツメバシからドンドン撃ち立てたので、忽ち火事となり三田辺りの町並みは焼失、閣老は登営、御用部屋に居て、ただ気遣わしいいうだけ、市中の延焼は早く、防ぎ様はないかとの事で、相模守・甲斐守などはこの事態を不愉快に思ったので、3昼夜の建言も御用い無く、かくの如き無謀の御振舞いは私共は知った事ではありませんといって、閣老のいう事を聞かなかった。又、砲撃派は誠に愉快そうで今日初めて旗下の士の勇武も顕れ、裏金の笠の光も輝くと悦びあっていた。
薩邸では予て覚悟があったのか何れも其の跡を隠して逃走した。この時薩州の持船平運丸(翔鳳丸の誤)江戸湾に来て居たので、この事を聞くや否や直ちに出船した為、咸臨丸(回天の誤)がこれを追い、紀州灘で撃沈した(自焼の誤)

第20回感想 (マロ)
2013-05-25 16:43:21
今回は何だか中途半端な描き方。
視聴率も下がってるし…。

慶喜が兵を率いて大阪城に下ったのも経済的軍事的に重要な拠点であった大阪を押さえる事で京都の新政府にプレッシャーを掛ける事が出来るからなのに外交の巻き返しのみ描いてもねぇ。現に辞官納地等は骨抜きになって【勝利目前】だったのに…。

正に戦わずして勝つ!!

其の慶喜の巻き返しに対して、西郷が「江戸攪乱工作」を指示と・・・此処は定説(今は完全に学会では否定)通り。

やがて大坂城の慶喜らに「庄内藩士らが薩邸を焼き討ちした」との報告
(シーン無し)
これじゃ、庄内藩が単純に挑発に乗ってしまった様に取られてしまうじゃん。新徴組屯所への発砲や、あげくは江戸城二の丸放火(伊牟田尚平の仕業とも言う)があって薩摩の関与は明白。(只、西郷が12月以降《クーデター及び慶喜の巻き返し以降》更に挑発行為を指示した証拠は無く、逆に「控えろ」との吉井幸輔からの書簡は残っている。)
小栗上野介らも承知の上で幕命を受けた時に庄内藩の私怨と誤解されたくないので「他藩の参加」を求めて、この焼き討ち計画は幕府も了承し、フランスの幕府軍事顧問団からの作戦への助言も受けていた。あくまで(旧)幕府「江戸方」の決断としての行動。

大政奉還を決断した慶喜は【政治決着路線】を進みたかったので当然ながら武力行使は是認できない所。しかし、大坂城の幕兵らはこの報告を聞き、発狂状態。結局、突き上げられ抑えきれなかった為に戦争が勃発。

幕府軍の装備が薩長軍より劣ってるって!?ソフト面の問題でしょ。
幕府軍は臨戦体制で無かった事(鉄砲に弾が入って無かった)と主に現場の指揮官の采配に問題があった。伝令も指揮系統も無茶苦茶で大阪城になかなか戦況が届かずって状態…。
おっと次回と被るかな。

其れにしても
会津目線なのに何故か薩摩の方が魅力的!(苦笑)

明治維新は【革命】です!! (Unknown)
2013-05-26 00:19:03
【徳川将軍家】は欧州では【王室】です。
天皇家は【ローマ法王】にあたります。

皆さん、此処を勘違いなさるので困ります。

一応【封建制】は完全ではないが、無くなりましたので【革命】でしょう。

【華族制度】等はお飾りですからネ。

意外に思われるかもしれませんが徳川慶喜も大政奉還後の政権構想で封建制廃止を考えていたらしいですよ。
側近の永井直志が後藤象二郎に語ったそうです。
【維新土佐勤皇史】
ありがとうございます (コウジ)
2013-05-26 08:00:41
マロさん

ご教授ありがとうございます。
おかげさまで歴史の見方、あるいは「八重の桜」の
見方について、大変深くなりました。
維新の評価 (コウジ)
2013-05-26 08:07:27
Unknownさん

コメントありがとうございます。
明治維新の評価については、学会でもさまざまのようですね。
僕は歴史の専門家ではないのでこれ以上のコメントはしませんが、現在の昭和の戦争は<侵略>であったか、<防衛>であったかの議論に似ていると思いました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
【八重の桜】第20回感想と視聴率「開戦!鳥羽伏見」 (ショコラの日記帳・別館)
【第20回の視聴率は5/20(月)午後追加予定】 「開戦!鳥羽伏見」 遂に、戊辰
【八重の桜】第20回 「開戦!鳥羽伏見」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
王政復古のあと、逃げるように都から大坂へ下ろうとする慶喜(小泉孝太郎)を、 林権助(風間杜夫)や佐川官兵衛(中村獅童)らが必死に引き留める。 だが、神保修理(斎藤工)にいさめられ、仕方なく同行...
大河ドラマ「八重の桜」第20回 (日々“是”精進! ver.F)
林隊、壊滅… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201305190004/ 鳥羽伏見の戦い―幕府の命運を決した四日間 (中公新書)野口 武彦 中央公論新社 2010-01売り上げランキング : 128272Amazonで詳しく見る by G-Tools
大河ドラマ「八重の桜」 #20 開戦!鳥羽伏見 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
幕府崩壊! 慶喜の意図とは違う方向へと時代は進みます。
八重の桜 第20回 開戦!鳥羽伏見 (レベル999のgoo部屋)
『開戦!鳥羽伏見』 内容 慶応三年。会津は御所を追われ、王政復古の大号令が発せられた。 慶喜(小泉孝太郎)は、京より大坂へ下ろうとする。 官兵衛(中村獅童)らは、それを引き止めようとするのだが、 容保(綾野剛)修理(斎藤工)らに諫められては、引き下がるし....
八重の桜 - 2013年大河ドラマ 綾瀬はるか (新ドラマQ)
2013年大河ドラマ「八重の桜」 日曜 NHK 2013年1月6日 - 12月(予定)(50回) [キャスト] 綾瀬はるか 西島秀俊 長谷川博己 松重豊 風吹ジュン 長谷川京子 工藤阿須加 黒木メイサ 剛...
大河ドラマ「八重の桜」 第19話 あらすじ感想「開戦!鳥羽伏見」 (★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★)
鳥羽伏見の戦いの始まり----------!! ついに迎えた最初の山場。 薩摩討伐のための策があると、慶喜は二条城を都落ち同然で裏門から大阪へ向かう事に。 その報が伝えられ、上洛することになるかもしれないと、にわかにざわつきだす会津。 こうなると頼母の....
「八重の桜」 第20回、開戦!鳥羽伏見 (センゴク雑記)
大河ドラマ「八重の桜」。第20回、開戦!鳥羽伏見。 ついに、徳川と薩摩との間に戦争が起こる。 会津は徳川と共に戦うが・・・
八重の桜 第20回 「開戦!鳥羽伏見」 (青いblog)
西郷隆盛と大久保利通がものすごーーーくカッコイイんですが!!!!!!@@; 火の粉を前に暗闇にたたずむ二人。 や~、『飛ぶが如く』の西田さんと鹿賀さんも良かったけど、 こっちは西郷...