平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

おんな城主直虎 第29回~われらの望むことは喜びに満ちた日々。民、百姓、ひとりたりとも殺さぬことじゃ

2017年07月24日 | 大河ドラマ・時代劇
「井伊と気賀、こちらは今以上の安堵は望みませぬ。
 われらの望むことは喜びに満ちた日々。
 井伊の望むところは、民、百姓、ひとりたりとも殺さぬことじゃ」

 直虎(柴咲コウ)は〝非拡大主義〟なんですね。
 野心だらけの戦国大名としてはめずらしい。
 というか、大名ではない、地方の国衆としては当然の発想か。

〝非戦主義〟でもある。
 いくさになったら、城を明け渡し、兵を通過させるが、井伊が兵を出すことはしない。
 あとは外交で何とか独立を保っていく。
 これはひとつの政治スタンスであるけれど、生き馬の目を抜く戦国時代で果たして通用するのか?
 ただ、作品の狙いとしては面白い。
 今までの大河ドラマで、こんな発想をする主人公はいなかった。

 冒頭に引用した直虎のせりふも、前半じっくり井伊の領地とその領民たちを描いてきたから、浮ついておらず説得力がある。
 このせりふを言わせるために前半があったと言ってもいいだろう。
 ……………………

 しの(貫地谷しほり)が人質として嫁ぐ理由には、直親(三浦春馬)の思いもあったんですね。
 直親は徳川を味方にしようとして失敗し、殺された。
 自分もその遺志を継ぎ、徳川を味方にするために尽力したい。
 人質になる理由が、
「母は虎松に力強い味方をつくってやりたいのです!」
 だけではなかった。
 しのの人物像に厚みが出ましたね。
 これも前半をしっかり描いてきたからなせること。

 虎松(寺田心)は子供の頃の直虎に似ているようだ。
「答えはひとつではない」
「無理難題に対して、どうしたらいいかを必死に考える」
 虎松の発想は、おとわとそっくりだ。
 南渓和尚が笑みを浮かべて語ったように「因果、因果」。
 DNAはしっかり受け継がれている。

 というわけで、今回は前半の伏線が回収されて、さまざまなドラマに結実したように思いました。

 思いは受け継がれていく。
 直虎や、しのの言葉も、きっと虎松の心に刻まれている。
「われらの望むことは喜びに満ちた日々。
 井伊の望むところは、民、百姓、ひとりたりとも殺さぬことじゃ」
 なんて言葉も虎松はどう受け継ぐんだろう。

 最後は、もう一度、しの。
 虎松の奮闘が挫折することに対して、こう語った。
「それもまた修行になりましょう」
 立派な母親ですね。
 こんな見事な母親だから直虎は「母親でなく父親になる」と言ったのだろう。

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« また、自民党がやらかした!... | トップ | 加計問題予算委員会①~安倍ち... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
光るしのと虎松。直虎は? (TEPO)
2017-07-24 22:35:38
前回の実質的主人公が寿桂尼だとすれば、今回の主役はしの。
「あの」しのがここまで「出来た女性」に「化けた」かと思うと感慨深いものがあります。
また、今回光ったのは虎松を演じる子役寺田心くんの演技力。

しかし今回も、しのキャラが立てば立つほど直虎が負けてしまっている感じが拭えません。
先々週も書きましたが、どうも森下さんは「人間的な弱さをもちつつ周囲に助けられる」ような主人公像を好むようです。
「現代医学を武器に破竹の勢い」のスーパーヒーローになりがちな仁先生の場合なら、そのくらいでバランスが取れてよいと思うのですが。

〝非拡大主義〟〝非戦主義〟はたしかにユニークで
>今までの大河ドラマで、こんな発想をする主人公はいなかった
とは思いますが、こうした大人しい立場を貫くためにはむしろ主体の側に「強さ」が必要な気がします。
しかし政次やしのが指摘するとおり、(結果論ではあっても)今回のことは徳川に上杉と結ぶことを提案するという「勇み足」の結果。
かつてほどでは無くなったにせよ、直虎に「不完全さ」「失敗」を残すことに固執しすぎな気がします。
もともとが地味なキャラである直虎の場合、何らかの意味での「完全無欠」さがあるくらいでちょうどよいのではないでしょうか。
難しいバランス (コウジ)
2017-07-25 08:18:07
TEPOさん

いつもありがとうございます。

したたかで人間というものを知り尽くした寿桂尼。
強い武家の母であるしの。
ふたりは主人公でしたね。

一方、直虎は、おっしゃるとおり、弱点や至らなさを持つ主人公。
脚本の森下さんにしてみれば<直虎の成長物語>を意図しているのでしょうが、そうなると、寿桂尼、しの、政次など、よくできた脇役に食われてしまう。
難しいバランスですよね。

JIN先生が上手いのは、「現代医学を武器に破竹の勢い」のスーパーヒーローでありながら、悩む主人公であることですよね。
直虎は同じ森下佳子脚本の『天皇の料理番』の主人公に近い。

直虎の完全な覚醒はいつなんでしょうね。
やはり政次の死後なのでしょうか。
寺田心くん (megumi)
2017-07-26 19:59:40
コウジさん こんばんは。

しばらく ご無沙汰していましたが ずっと見ていましたよ。

虎松は 1561年3月に生れており 寿桂尼の没年は1568年4月ですから
先夜の時点では7才です。
7才ならば 寺田心くんが演じていて不思議は無いわけですが
彼の出番が長過ぎますよねぇ。
いったい何歳からを演じているの?
ドラマの時間経過が異様に遅いということを意味するのでしょうか。
(重箱の隅突きみたいなコメントで失礼しました)

直虎の未熟さは 「天皇の料理番」とはちょっと違う気がしました。
男と女(演じる側も見る側も)の違いでしょうか。
あのドラマは 俊子が死ぬまでは本当に好きでした。
最終話の鴨のシーンが長過ぎて辟易しましたが・・・。
直虎と天皇の料理番 (コウジ)
2017-07-27 10:34:04
megumiさん

おひさしぶりです。
まだ見ていらっしゃっていて何よりです。
まだ一生さんがいますしね!

虎松は7歳。
7年経ってるんですね。
7年の歳月があれば、今回のしのの立派さもうなずける。
逆にそんなことを考えてしまいました。
寺田心くんは、良くも悪くも寺田心くんでしたね。

「天皇の料理番」よかったですよね。
僕は俊子の死後、主人公が聖人のように落ち着いた存在になる所も好きでした。
直虎も将来、あんなふうになるんでしょうか?
あるいは今のまま?

この2作品について、もうひとつ言うと、「天皇」は全13回で時間の流れが速くドラマも凝縮されていたのに対し、「直虎」は50回で冗長。
こんな所にも違いがあるのかもしれません。

「天皇の料理番」は佐藤健さんがともかく上手かったですよね。
演出も上手かった。
「直虎」は全体的に軽いんですよね。
最終話までいくかも? (megumi)
2017-07-27 12:43:22
コウジさん こんにちは。

その一生さんの扱いですが
本来 主家乗っ取りの悪人を無理くり 「善」に仕立て上げているので
ちょっと破綻している気がしています。
彼には 「止む無く裏切るという葛藤」を期待していましたが
今や すっかり腹心で諫めこそすれ ほぼ言いなりです。

>よくも悪くも寺田心くんでしたね。

そうなんです。
この子は上手い下手は別として好き嫌いの別れる子役だと思います。
自然体で演じているように見えた吉岡秀隆さんや神木竜之介くんのように
なれるか疑問です。

>天皇の料理番」は佐藤健さんがともかく上手かったですよね。
演出も上手かった。
「直虎」は全体的に軽いんですよね。

おっしゃるとおりです。
あれはドラマ史に残る名作だと思います。
名場面は数え切れませんが
「ジュテームって何ですか?」 が心に残っています。
役者さんたち (コウジ)
2017-07-27 19:51:48
megumiさん

>最終話までいくかも?
おおっ、素晴らしい!
ぜひ完走なさって下さい。

政次に関しては、完全にネタバレして<善>になってしまいましたね。
そうなると、一生さんの複雑な表情がイマイチ活きない。
これはもったいないですね。

寺田心くんは、megumiさんの言葉でもやもやがスッキリしました。
そうなんです、〝自然体〟じゃないんですよね。
子役独特のつくっている感じが見え隠れしてしまう。
この点、吉岡秀隆さんは自然でしたよね。(神木さんの作品は青年になってからのものしか見ていなくて……)

>「ジュテームって何ですか?」
よかったですよね!
黒木華さんは、典型的な日本人顔で昭和の顔立ちなので、こういう役がぴったり合うんですよね。
そんな彼女がフランス語の「ジュテーム」について尋ねる。
このギャップにゾクゾクしてしまいます。

コメントを投稿

大河ドラマ・時代劇」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
おんな城主 直虎「女たちの挽歌」 (のほほん便り)
寿桂尼(浅丘ルリ子)が亡くなる前後、歴史は大きく動き始めました。それにしても、今回は、ほとんど虎松(寺田心)の回でしたね。めちゃくちゃ上手いです。駿府にいる今川氏真も......
【おんな城主 直虎】第29回「女たちの挽歌」 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
柴咲コウ、杉本哲太、財前直見、前田吟、小林薫、三浦春馬、高橋一生、柳楽優弥、貫地谷しほり、ムロツヨシ、宇梶剛士、吹越満、苅谷俊介、でんでん、筧利夫… この記事のコ......
おんな城主直虎 第29回 女たちの挽歌 (事務職員へのこの1冊)
第28回「死の帳面」はこちら。 前回の視聴率は12.0%と予想どおり低値安定。一種のモンスターとして描いた寿桂尼(浅丘ルリ子)もオープニングで死んでしまった(先週のうちに見......
大河ドラマ「おんな城主直虎」 #29 女たちの挽歌 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
パソコンが起動できないので、簡単レビュー。
おんな城主 直虎 29話「女たちの挽歌」 (昼寝の時間)
公式サイト 直虎(柴咲コウ)は徳川家康(阿部サダヲ)に書状を送り、上杉と同盟を組