えんたんと読書

書評を始めてたくて開設しました。基本スタンスは乱読ですが、ビジネス書、中国史、占い、医療本が結構多くなってきてます。

【コラム】紙の本とオーディオブック、どう使う?

2017-07-18 01:39:49 | 余談
最近始めました、オーディオブックについてお話したいと思います。

私は基本的な読書の方法は3つあると考えています。
◆紙の本
◆電子書籍
◆オーディオブック

うち、とくに馴染みの薄いのはこのオーディオブックだと思います。
文字通り、音声で一字一句読みあげてくれるものです。

始めるまでのハードルが高い!
でも、始めてしまうととても便利であることにがわかる!

というシロモノです。

では、オーディオブックの利点と問題点は何でしょうか?

【利点】
・満員電車でも読書ができる
・疲れてい活字が頭に入らないときでも読書ができる
・家事やゲームしながら、はたまたゴロ寝しているときでも読書ができる
・頭がリフレッシュされる
・難しい本や、とっつきにくい古典も頭に入りやすい
・リピートしていても飽きが来づらい
・頭の中のマイナスの声を打ち消してくれる(☆神田昌典さんお墨付き)

【問題点】
・新刊がリアルタイムでリリースされない
・携帯で聞くと電池の残数に響く、オーディオプレイヤーに移すのが手間だしデータ量も多い
・図書館で借りられないので1冊500円~3000円くらいかかる

新刊や図書館で借りられる本は紙で、
古典やベストセラーはオーディオブックで、
それぞれ学ぶのがお勧めです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嫌われる勇気 岸見一郎 古... | トップ | 君主論 ニッコロ.マキャヴ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

余談」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。