えんため日記

大好きな映画やドラマ♪
ミーハーに弾けて、色々書いてみたいな~と思います。

フライトプラン

2006-02-04 | 映画
ぎょえぇ~???
こいつとこいつがグル
高度1万メートルの密室で起きた誘拐事件。
結末は・・・誰にも想像がつかないものだと思います。

航空機の設計士カイルは、事故死した夫の遺体と共に両親の住むアメリカへと旅立ちます。
娘のジュリアは父親の死と言う悲しみから、何事にも怯えるようになっていました。
そんな親子を襲った誘拐事件。
犯行現場は飛行機の中でした。

重箱の隅をつつけばキリがないんですが・・・
例えば、それなりに混んでいる機内。
カートで子供を運ぶなんて無理だろう???とか~
そのカートから、あの場所に運ぶまでに目撃されるだろう???とか~
だいたい・・・近くの席の人間は、娘が乗っていたことくらいは記憶にあるだろう???とか~
何よりも・・・このご時世だもの・・・
棺おけだって、Ⅹ線検査は受けているだろう???とか~
(実際の規則は知りませんけども
でも、そんな突っ込みを跳ね返すだけのスピード感がありましたね。
ジュディ・フォスターに

ただ・・・これだけは納得がいかないんですよね。
カイルを疑った機長は、そのことを謝罪しているんですよね・・・
でも、アラブ人男性を疑って、つかみかかったカイルっ!
そんな彼女が、娘を抱いている時に、彼女の荷物を持ってくれたその男性に、謝罪もしないし、お礼も言わないんですよね。
ちょっと後味が悪かったかな・・・
だいたい、最初にアラブ人を犯人扱いする描き方が・・・
それと、最後に犯人を爆死させてしまったんですけど、あれも必要なシーンだったのかどうだか・・・
娘を隠して、犯人のところに戻るまでに、逃げれたんじゃないのかな???
あとは、FBIにまかせてもさぁ・・・
なんて感想は無粋かな???

なんて書きつつも、仕事に疲れた頭をリフレッシュさせたい時には、オススメの作品です


↑で書いたアラブ系の人達の描き方。
LOSTの時にも気になったんですよね・・・
と言うことで、もう1つのブログから、そのことを書いた記事をトラックバックしてみました。
お寄りいただければ嬉しいです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小早川伸木の恋(2月2日) | トップ | けものみち(2月2日) »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (LUVLUV)
2006-02-06 16:19:06
こんにちは♪



ツッコミどころは多いけれど、スピード感があって最後まで楽しめましたね

ジョディでなければ評価は下がったかも。さすがの演技でした



アラブ系の方の描かれ方ですが、彼らはあのテロ以降本当にああいった目で見られているのだろうなと興味をひかれました。 
こんにちわ! (パフィン)
2006-02-06 22:12:01
ジョディの迫真の演技に引き込まれて

しまいました。



アラブ系の方の描き方ですが、TBの記事も

拝読しました。悪役が必要なのはわかるんですが

この映画の場合、怪しげな乗客を数名出せば

差別や偏見が強調されなかったと感じました。



イタリアからドイツに向かう飛行機で

アラブ系の乗客の隣になった女性たちが

席を変更してもらっていました。



テロの前でも、トルコから東はアジアという

感覚があり、優越感を抱いている印象
こんばんは (黒猫のみわ)
2006-02-06 23:26:36
LUVLUVさん、パフィンさん、コメント&トラックバックありがとうございます。



以前、仕事で知り合ったバングラディシュ出身のムスリムの方に、とても良くしていただいたので、最近のムスリムの方々の描かれ方には、どうしても辛いものを感じて、熱くなってしまいます。

ストーリー上は、悪役が必要なんですけどね・・・



また遊びに来てください!
こんにちは (toe)
2006-02-19 02:01:48
コメントありがとうございました。



納得いかないですよね。

アラブ人の描き方。

あれは、アメリカじゃ普通なんでしょうか・・。



謝ってくれれば、もっと気分的にスッキリしたのにと思うと残念です。



また、遊びに来てください。

これからもよろしくお願いします。
こんにちは! (黒猫のみわ)
2006-02-19 10:07:15
toeさん、コメントありがとうございます。

9.11以降のアメリカ映画&ドラマでは、多いように感じますね・・・あのような描き方。

あちこちのブログでも、同じような意見が多いみたいです。

作り手にこの気持ちが届くと良いのですが・・・



また遊びに来てください!

あわせて読む