芸能エンタメ裏話☆マル秘情報

驚きの芸能エンタメ裏話、マル秘情報をお届けします!

記事のタイトルを入ココリコ田中はモラハラ夫だった?”不倫嫌疑”の元妻反撃で泥沼化へ 妻を苦しめた別の顔力してください(必須)

2017-05-12 10:07:17 | 芸能NEWS
ココリコの田中直樹(46)と女優・小日向しえ(37)の離婚騒動が泥沼化している。
「おしどり夫婦」のイメージから一転、ゴールデンウィーク中に電撃的な離婚を発表した二人。離婚の理由は明かされていないが、一部で小日向しえの浮気が報じられたことで世間は田中直樹に同情的となっていた。ところが、小日向しえサイドが田中直樹の「ウラの顔」を示唆するなど“反撃“を開始し、骨肉のバトルに発展しそうな気配になっている。



(以下引用)
交際前に田中が「お互い好きなんだから結婚しようか」とプロポーズし、“交際0日婚”と言われた2人。
「お互いをよく知らぬまま結婚したことで、後々に行き違いが生じたのでしょう。田中さんは物静かで、自分の殻にこもるタイプ。人付き合いが苦手で、うるさい環境を嫌います。小日向さんは社交的で友達も多い。毎日子供を大声で叱りつけながら子育てに奮闘していました」(芸能関係者)
田中はよき父親に映っていたが、まったく“別の顔”もあったという。夫妻の知人が語る。
「実際は随分前から夫婦仲は冷め切っていた。というのも、多忙な田中さんは長男が生まれた時から子育てに積極的ではなかったから。一方で、几帳面な性格からか、金銭の管理は主に田中さんがやっていて、そのことでたびたび2人は衝突していたようです」
小日向の友人の証言。
「真面目な田中さんは、仕事で上手く行かないことがあると、家族に極端に冷たくなるそうです。時には食事や食器にまで文句をつけ、突然怒り出すようなこともあったとか。出産後、ママタレとして活躍してた小日向ですが、“理想の夫を持つ幸せな妻”という世間のイメージと現実のギャップに苦しんでいた」
次男が小学校に入学してからは、ストレス発散のためにたびたび飲みに出るようになったという小日向。
「外出を咎められ、また喧嘩するという悪循環。子供が成長するにつれ、自分の時間を持ちたいと思う彼女と、それをよしとしない田中さんとの溝は深くなっていった。田中さんも相当強く彼女に言ったのでしょう。いつしか小日向は『怖い。顔も見たくない』と怯えるようになった」(同前)
一昨年、田中は都内一等地に新居を購入したが、先輩の月亭方正には「(夫婦仲は)去年9月頃からギクシャクしていた」と明かしていた。近隣住民が語る。
「夜中に大声で言い争うような怒鳴り声が聞こえてきたこともありました。田中さんと息子さん、奥さんと息子さんという組み合でのお出かけはお見かけしたことはありますが、ご夫婦が一緒のことろは見たことはありません。どちらかのお母様も出入りされていて、息子さんの育児を手伝っていた様子でした」
2人の子供の親権を田中が持つことから、小日向の浮気説も囁かれてたが、
「親権は田中が強く主張したようです。それに小日向も納得し、合意の上で離婚に至った。離婚発表の際の田中のコメントも事前に小日向が確認している。今後も子育てに関しては協力していくというスタンスだそうです」(前出・芸能関係者)
(引用「週刊文春」より)

bgt - コピー.gif

ネットでは「だいぶ前、田中は家では何もしないと言っていた。夫婦って所詮他人なので、そういうことが積もり積もってということなのでしょうね」「新居が完成したばかりで家を出るって相当勇気あるな… 」「結果的に妻である事、母である事ではなく、外で自由で遊んで暮らすのを選んだのね。。」「お子さん小学生?もう少し頑張れば手は離れます!なぜ離婚なの?他に原因が‥ 」「家庭を捨ててまでの自分のやりたい事って
うまくいくわけない」などの意見が。

いい夫婦というイメージだったので世間的には突然の離婚でしたが、2人にとっては長年積み重なってきたお互いの不満が限界に達した末での決断だったのでしょうね。親権は田中が強く主張したためであって、小日向が放棄したわけではないようなので、お金もずっと田中が管理するなど自分でやらないと気が済まないのか、小日向には任せられないと思っていたのか、まぁ夫婦にしかわからない事がいろいろとあるのでしょう。子どもたちが多感な時期だけに泥沼化は避けて欲しい限りです…。

oufuku_320x250.png
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 広瀬すずに美貌で勝った? ... | トップ | 関ジャニ・横山裕を田中みな... »

芸能NEWS」カテゴリの最新記事