芸能エンタメ裏話☆マル秘情報

驚きの芸能エンタメ裏話、マル秘情報をお届けします!

国分太一の高慢な態度が原因でTOKIOが解散の危機!司会を務める「白熱ライブ ビビット」がBPO審議入りしても我関せず…

2017-04-21 21:39:25 | 芸能NEWS
国分太一くんの暴走が止まらないといいます。
4月14日、司会を務める「情熱ライブ ビビット」のボームレス特集でヤラセや差別的表現があったとしてBPO審議入りしたばかりですが、反省する素振りはまったくなく、高慢な態度は変わらぬままだとか…



[以下引用]
「ジャニーズ事務所は年功序列が厳しいですが、東山紀之の『少年隊』が形だけのグループになっているため、実質のトップグループはTOKIOということになります。番組で農作業をはじめとした数々の体当たり企画に体を張って挑戦し、活動休止グループの多いジャニーズのなかにあって、最もチームワークがいいとされます」(ジャニーズライター)

しかし、最近はほころびが目立つようだ。

「リーダーの城島茂は、元SMAPの中居正広より年長者で、これまではTOKIOも城島を中心に一枚岩で通してきました。ところが最近、国分太一のわがままが目に余るようになってきたのです。そのため、国文は完全にグループ内で浮いた状態にあるといいます」(前同)

TOKIOのメンバーが揃って出演するテレビ番組では、国分が総括的な司会をすることが多い。

「国分はそれほど饒舌かというと、そうでもないのですが、自分から積極期にまとめ役をやりたがるようです。TOKIOのメンバーというのは、それほど自分が自分がと、前に出たがるメンバーは国分以外にいません。だから、司会というと真っ先に名乗り出るようです」(テレビ雑誌編集者)

かつて国分は、フジテレビ系のスポーツ番組『すぽると!』(すでに番組終了)で司会を担当し、自らを「編集長」と呼ばせていた。

「現場では編集長と呼ばないと機嫌が悪くなっていました。その割にはスポーツの知識がありません。すぽるとで共演していた者の野球評論家の江本孟紀氏などは『何が編集長だ!』と吐き捨てていました」(前同)

司会を務める「白熱ライブ ビビット」が放送倫理・番組向上機構(BPO)の審議入りが決まった現在も、相変わらず周りに『編集長』と呼ばせて上から目線でスタッフに接しており、それは高視聴率番組『ザ!鉄腕!DASH!!』でも同様だという。

「『あれはやりたくない』、『これは嫌だ』とわがままを言うことが増えたそうです。彼は泥にまみれて奮闘するような内容が嫌いだといいます。編集長と呼ばれるようになって、さらにその態度はひどくなったそうで、メンバーのあいだでは“編集長更迭説”もあります」(前同)
[まいじつ]


ということで、毎度毎度の“国分サゲネタ”が登場です。



まあ、「すぽると!」で編集長と呼ばれていたのは番組の演出でしたし、今でも他局のスタッフにそう呼ばせているというのは、ちょっと信じられません。

ただ、国分くんに関しては本当に悪い噂ばかり聞こえてきます。

しかも、内容といえば「態度がデカイ」「わがまま」「嫌われている」「人望がない」「やる気がない」などなど、否定的なものばかり。

国分くんにネガティブキャンペーンしたところで、得する人も喜ぶ人もそんなにいないと思うんですけど、なんなんでしょうね…

結婚後の生活の様子もあまり話題になってないですし、昨年10月末にお子さんが生まれたのに、どんなパパなのかほとんど伝わってきません。

イノッチやヒガシさん、山口くんなどはジャニーズ御用達、アンチジャニーズ関わらずたまに報じられてたのに。

まあ、国分くんが原因でTOKIO解散ということはないでしょうけど、ホント、実際にあって話がしてみたいジャニタレNo.2です。

affiliate50.jpg

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 衝撃!チュートリアル徳井義... | トップ | 激震!SMAPに続き「嵐」解散... »

あわせて読む