芸能エンタメ裏話☆マル秘情報

驚きの芸能エンタメ裏話、マル秘情報をお届けします!

激怒し名誉毀損で提訴も!菊川怜の夫・穐田誉輝氏の婚外子報道その後

2017-05-13 23:33:30 | 芸能NEWS
激怒し名誉毀損で提訴も!菊川怜の夫・穐田誉輝氏の婚外子報道その後
菊川怜さんが一般人男性との結婚を発表してから2週間ほど経ちましたが、その間に夫が有名企業の社長を歴任し資産200億円超と言われる穐田誉輝氏であることが明らかになり、玉の輿婚に羨む声が出たところで、複数の週刊誌に婚外子が3人いることが相次いで報じられて、一気に祝福ムードが落ち込む展開になっています。



そんな中、自らをあくまで「一般人」と主張する穐田氏は、これにブチ切れて東京地裁に名誉毀損による出版差し止めの仮処分申請を行ったものの…

菊川さんは4月27日に入籍を発表しましたが、週刊新潮によると5月2日の時点でマスコミ各社には通知人を穐田氏とするファックスが送付されたそうです。

そこには“私生活上の事実を取材されることを望まない”とし、守られない場合には法的措置を取るとあったといいますが、GWが明けて発売された週刊文春、週刊新潮、フライデーはすべて菊川さんの夫の過去の女性スキャンダルを報じています。

それらをまとめると、穐田氏が2008年に前妻と離婚後、事実婚状態になったAさんが妊娠、同時期に前妻と結婚していたころから愛人だったBさんも妊娠したことを伝えられ、「Bさんは昔自分の子を中絶した負い目があり付き合いが続いている。Bさんの子は認知するし月数十万円支払うが結婚できないと話している。だから結婚しよう」とプロポーズされたものの、そんなプロポーズは嫌だと断り事実婚を続け、第二子も出産しましたが、穐田氏の女癖の悪さに愛想を尽かし別れたとのこと。

菊川さんは穐田氏について「優しい人です」と話していましたが、優しいっていろいろですね。

ちなみに、菊川さんは交際中に穐田氏から婚外子の説明を受けており、それを納得した上で結婚したため、この件で離婚に発展することはなさそうだと東スポにはありました。

一方で、穐田氏は大激怒したそうです。

[以下引用]
「記事が出る前から、穐田氏は取材の自粛を要請していたが、結局は止まらなかった。そればかりか、出版差し止めの仮処分申請を行ったそうです。書籍に対する出版差し止め請求はよくありますが、週刊誌相手はめったにない。2004年に田中真紀子氏が週刊文春に行ったくらい」(メディア関係者)
[東スポ]


images77BQA2HZ.jpg


穐田氏の怒りは法廷闘争に発展しそうな勢いだったといいますが、そのまま訴訟になれば格好のワイドショーネタとなり、傍聴席にはマスコミや一般人が集まるであろうこと、その都度ネタを提供することになり、菊川さんにも迷惑がかかることなどを考慮したのか、最終的には穐田氏は差し止め申請を撤回したそうです。

確かに衆人環視のもとプライベートなことが明かされると思うと、裁判はしたくないでしょうね。

穐田氏を一般人と言うかは判断の難しいところだとは思いますが、クックパッドや価格ドットコムの社長を歴任し資産200億円の人が一般人というのもどうなんでしょう。

Aさんの子どもが生まれ男の子だったとき、穐田氏は「俺は穐田家の十四代目。この子は十五代目当主だ」と言うなど、もしかすると戦国大名のような気持ちがあり、Bさんは側室、という考えがあったのかもと推測していました。

そういう考えの穐田氏ですが、菊川さんと結婚後は「側室」を持たずに仲良く過ごして欲しいものです。

head.png
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “なりたい顔No.1”の森絵梨佳... | トップ | 記事のタイトルを入力して中... »

あわせて読む