日常からの脱出

代表を見るのは喜びである

ロシアW杯アジア最終予選 イラク戦

2017-06-13 23:46:15 | サッカー
予選も残り3戦
今日は勝って少しでも優位に立ちたい
暑さの影響が心配

システム4213
GK川島
DF吉田昌子
RB酒井
LB長友
DH井手口遠藤
MF原口
FW本田大迫久保

ダブルボランチは良いと思うが、この面子なら本田トップ下や久保と大迫の2トップの方が良さそう
選手は4人入れ替えてポジションが5個も変わる
大丈夫か

前半

5分
酒井クロス→大迫は当てるだけ 枠外

7分
大迫のキープから原口シュートはCK

8分
本田CK→大迫ヘッドでゴール
日本先制1対0

30分経過
リードしてるので慌てる必要は無い
長友の守備に不安がある

しかし原口はパスが下手だわ

前半終了 1対0

つまらないが仕方無い
勝ってるので今は我慢

今日のシステムは4231でした

後半


11分
カウンターからチャンスを作るが原口がモタつきシュートまで行けず

井手口が頭を打ってダウン

16分
井手口アウト 今野イン

19分
原口→酒井のパスのこぼれを大迫シュートはCK

24分
原口アウト 倉田イン
原口は真ん中の選手だとは思えないんだけどな
ハリルは使いたがるよね

26分
昌子が転び、吉田と川島が交錯してこぼれたボールを押し込まれ同点
1対1
吉田がクリアすれば何の問題も無かった場面
アホだわ

疲れが見えてきた時間に同点
勝ち越す元気は無さそう
何とか引き分けで

酒井負傷

マジでケガ人多過ぎだろ

31分
酒井アウト 高徳イン

倉田の守備は軽いし、本田と久保は疲労で動けない
今野と遠藤は守備専任
大迫ひとりじゃ点は取れません

49分
スローインから吉田が落とし本田のシュートは正面
昔なら決めてましたわ

1対1 試合終了

最低限の勝ち点1を積み上げた
先制して守り切るには条件が悪過ぎた
ピッチ、体調、メンバー、負傷
流れが良くない

フィジカル勝負が日本の目指すべき道なのか

失点シーンは吉田と川島の連携ミスだが、遠藤と酒井は突っ立ってるだけ

次を考えるより、今回のメンバー構成を反省しないと
代表のメディカルは機能してるのか?

これ以上、負傷者が増えない事を祈ります。

オーストラリアに勝てば と簡単に言うけど
W杯予選ではホーム、アウェー問わずオーストラリアには勝ててません
さらに最終戦はアウェーでサウジ
このどちらかで勝利をしないとプレーオフへ回る可能性大
そこで待つのは恐らくウズベキスタン

簡単に考えちゃ困る





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 条件整理 | トップ |   

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。