日常からの脱出

代表を見るのは喜びである

勝手な話

2016-10-14 21:52:07 | サッカー
ザッケローニがブラジルで結果を出せれば、それがそのまま日本のスタイルとして定着して今の迷走状態にならなかったと思う

昔から日本には前線の選手よりも中盤にタレントが揃う傾向がある
選手層を考えた場合、ボールの支配率を高めて戦う方が合っている

リアクションサッカー、カウンターサッカーに特化する事は今までの代表の財産が消えてしまうわけで、選手も合わせる事が難しいと思う

もちろん、戦術の幅としては色々な事が出来た方が良いが、大事なのはバランスで、一辺倒になる事が良くない

監督が変わる度に積み上げた物を一旦崩して再構築してたらいつまでたっても日本独自のスタイルが出来上がらない

ダラダラと長くなったけど、すぐに出来る改善策

本田をトップ下へ
右サイドに居ながら本田は中央に寄りすぎて日本のバランスを崩す
それならば、本田には中央にドンと構えてもらってボールの預け所として機能してもらおう
どうせ、香川はプレッシャーのキツいトップ下では結果が残せない
左サイドで出直す
今だと原口のサブになるけどね
岡崎も1トップだと厳しいなら右サイドへ
1トップは大迫、ハーフナー

あとは西川頑張れよ
GKに安定、安心が無いと落ち着かない
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« それから | トップ | 5大会振り »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。