神奈川県横浜市で自然で素敵な医療用ウィッグ・かつらをカット&スタイリングする美容師のブログ

神奈川県横浜市の医療用ウィッグ・かつら、ご自毛ケアの美容室、アンソレイユです。
治療中のご不安なお気持ちを安心へ…

“スリール”の部分ウィッグ~特徴&良さ~編

2016-09-18 15:25:45 | 医療用ウイッグのご相談

先日のブログでも医療用ウィッグ・かつら スリールについて

お話しをさせて頂きましたが
本日な、なんと第二弾です!(^^)!

今年の夏は暑かったからですかね
部分ウィッグのご相談が例年に
比べて多かったように思います。

そして医療用ウィッグ“スリール”
の特徴や良さについてお話しさせて
いただきますね。

まずお色ですがナチュラルブラック
とナチュラルブラウンの2色をご用意
しております。



向かって右側が・ナチュラルブラウン
左側がナチュラルブラックです。

お色が分かりやすいように太陽光のある窓際で撮影をしてみました。

そして“特徴&良さ・その1”としては

見てお分かりのように長さが結構あることです。

長さがあればお客さまおひとり、おひとりのご自毛の長さやお好みの

ヘアスタイルにお合わせての

カット&スタイリングが可能ですからね。

それでは“特徴&良さ・その2”ですが
フルウィッグ同様ヘアアイロンがご利用になれます。

部分ウィッグをおつくりさせて頂きましたお客さまのお写真ですが

毛先のふんわりとしたカールはヘアアイロンを使ってのスタイリングです。



最近はふんわりとしたボブスタイルが
人気ですからばっちり、トレンドも
おさえてますよ♪

そして、そして“特徴&良さ・その3”
前髪もおつくりできます。

他メーカーさんの部分ウィッグの中には頭頂部はカバーできても

前髪まではカバーできないウィッグもありますよね…

医療用ウィッグ“スリール”の部分ウィッグは

前髪~頭頂部までカバーできるのです。

部分ウィッグでも前髪をおつくりする
ことにより、更に自然な仕上がりになります。





おふたりとも前髪もご自毛と馴染ませるように

おつくりさせて頂いております。

さらに、前髪の両端を少しづつ長く
弓なりにしてゆくことにより、サイド
の髪の毛やご自毛との馴染みをより良くしてくれているのです。

そして“特徴&良さ・その4”はやはり
髪質の良さ、自然さですね!!

手ざわり感、質感ともに自然で
すのでご自毛と、とても馴染みます。


いかがでしたか…

医療用ウィッグ“スリール”の
部分ウィッグについてお分かり
いただけましたでしょうか?

ご質問がございましたらこちらの
お問い合わせフォームからもぜひ
どうぞ(´▽`)

お問合せ/医療用ウィッグ アンソレイユ

電話番号

090-5330-6916

メールアドレス

 ensoleille0808@gmail.com


化学療法や脱毛症などの治療中
の方のための
医療用ウィッグ・かつら
ご自毛ケア専門美容室

美容室アンソレイユ

医療用ウィッグ専門美容師

小泉 美奈子

JR・私鉄各線
横浜駅東口より徒歩3分

横浜市西区高島2-11-2
スカイメナー横浜 915号室
アンソレイユ・スカイメナー横浜(35.46287888,139.62203915):マピオン


おはじめての方はプロフィール
医療用ウィッグの詳細などこちらを
クリックしてくださいませ。
お初めての方へ 

横浜駅東口より美容室アンソレイユ
までの道のりはこちらをクリックして
くださいませ。
“アンソレイユ”までの道のり

 

美容室アンソレイユのホームページオープン致しました。

 ウィッグのことやサロンのことなど詳しい情報はこちらをどうぞ

  医療用ウィッグ・かつら アンソレイユホームページ

 

 医療用ウィッグ・かつらやご自毛のご相談・ご質問は

 こちらからどうぞ

 お問合せ/医療用ウィッグ アンソレイユ 

 

 

 

  にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ”スリール”の部分ウィッグ~... | トップ | ウィッグで素敵にヘアアレンジ🎶 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。