NPO法人日本フットセラピスト協会公式ブログ

全国活動報告及びイベント開催のお知らせ

活動報告 in鹿児島県大崎市

2009年11月24日 | 活動報告
活動報告 in鹿児島

11月15日(日)フットセラピー講習会を開催致しました。
4名の方に片足ずつ足湯を体験していただきながら、こわい冷えが引き起こす体の不調・足湯の効能をお話して、足湯した足との違いを体感して頂くために歩いて頂きました。
フットセラピーのお話をして実際に両足の足揉みを実践した後、再び歩いて頂くと又、違う感覚のご自分の足に驚きの連続でした。

下記に2名の方の体験後の感想です。
Yさん(32歳)
「今まで全くと言っていいほど足に関心がなかったので足裏の凄さを実感しました。冷え症が気になるので簡単にできる足湯を自宅でもやってみます。いつまでも健康であるように今日のフットセラピーを続けて体質改善につなげたいです。又機会があれば参加します。」

Hさん(33歳)
「足湯を初めて体験して物凄く気持ちよかったです。足が温まると心まで温まるんですね。2回目の参加でしたが、1回目よりも足に腰に良いような感じです。自分のため、家族のため、人のためにもフットセラピーを多くの方に伝えたいと思いました。」


11月23日(月)私の住む大崎町の『ふれあいフェスタin大崎』で午前9時~午後3時までフットセラピーのボランティア参加を致しました。

20数名の方に両足10分位ずつのショートタイムでのフットセラピーを体験頂きました。

「短時間で肩凝りが取れた」
「歩き疲れていたので、足が楽になった」
「思っていたより、ソフ トな刺激が良かった。後まで、ほんわり足が温かかった。」
「とても足が気持ち良くなりました。心がフワーッと軽くなりました」等のご感想を頂きました。

「たくさんの人に施術して疲れないですか?」と言う問いかけがありましたが、「施術をしている私が楽になるんです。」と返答すると皆さんびっくりされていました。
足裏のしこりや痛みについての質問もありましたが多くの方が、消化器系の不調でストレスが原因と思われました。

この2日間を通して感じたことは、私たちプロは勉強して解っている足の大切さが、未だ未だ社会には深く知られていないんだなあ~ということです。
自分が持っている知識・技術を出し惜しみしていたな~とも感じました。
外にどうやって出て行けばいいのかと悩んだり、恐がってサロンでお客様を待ってばかりいた自分でしたが、出ていくことも自分磨き、講習会を開催して人とお話しすることも自分磨きと解りました。
 
情報提供者:鹿児県『リラクゼーションサロン 愛夢』濱田あい子さん

情報発信先:NPO法人日本フットセラピスト協会
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白山文化祭 in岐阜 | トップ | フェイシャル講習会 in石川 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。