乱愚雑記帳

わが鼓動とともに

唯我独尊・荒れ狂うトランプ旋風

2017年01月25日 | 日記・エッセイ・コラム

 

やはりこうくるだろうと予想はしていたが、ここまで自国エゴに走るとは。ツイッター・プレジデントは確かに型破りでありご多分に洩れずピントが外れているところがある。一方通行記号を矢継ぎ早に発信し、大統領宣言にサインをする姿は、裸のお王様のようにも見えます。アメリカ第一主義であるならどこの国も自国第一主義である。中国をここまで経済大国にしたのはアメリカ資本ではないか。中国の安い労働賃金と十三億の消費を狙ってあらゆる製品をCHINA にしてしまったアメリカ。ここまで拡大したグローバル資本主義を、この経済構造を急激に保護主義に走ればアメリカ経済がどころかすべての国の経済が麻痺し始めるのではないだろうか。トランプには革新性はない。あの1980年代のジャパン・バッシングへのタイムスリップである。トランプ発言はひたすら一方通行の矢印の方向へ突進しているようである。大衆迎合主義は破綻する。これが歴史の教訓である。エスノセントリズム(自民族中心主義)が台頭すれば、政権の延長線上に戦争が待ち受けている危険性もある。柔軟性と寛容性なき権力は危険そのものである。アジアをどう位置付けるかでトランプの運命は決まる。日本攻撃は世界に飛び火するダイナマイト・ジャパンであることをトランプは認識すべきである。そして真珠湾奇襲とヒロシマの悲劇の教訓が視野にないようだ。危険な橋を渡るツイッター・プレジデント。いかにもエステート・エーヂェントの損得勘定に終始している。しかし正当価格なるMade in U.S.Aの製品ができることには歓迎である。

Illustration: HIRAO ENDO

https://enanderensein.blogspot.jp/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛するもの愛されるもの | トップ |  人生に意味などなければ? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL