乱愚雑記

わが鼓動とともに

記憶のコラージュ

2017年07月23日 | 日記・エッセイ・コラム

 

宇宙でフラフープをしているブーツ。記憶の引き出しから時間と空間を超越し再構成される夢の情景。夢の中で夢を見る。タイムマシンのように亡き友人や忘れていた人々が私と会話している。夢は潜在意識の自我が分裂し見知らぬ私が夢を演出しているようである。私を私が見ている夢の世界は実にシュールである。果たしえぬ欲望、消せぬ抑圧やジェラシーが渦巻いている。生の不条理のなかでコラージュされる夢の世界。忘れていた遠い記憶を呼び覚ます夢は実に精神構造の記憶の断層を削り取る。無意識の世界は果てしなく深い。もしかしたら起きているこの現実の世界が夢なのではないだろうか。地獄極楽絵図はその時代に生きる人間の極めて観念的な抑圧、断罪、啓蒙、救済から誕生し、不条理な夢がその源となっているのではないか。宗教的断罪としての地獄極楽思想は未だわれわれの世界観のなかでうごめいています。夢の世界を再現する記憶装置なるものが存在したとしたら、SFのCG映像どころではない情景が現われることであろう。

Illustration by HIRAO ENDO

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 危うい存在の世紀 | トップ | 身体と同化するテクノロジー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL