en-notebook

愚鈍雑記

果てないリアリティーの追求・オーディオマニア

2016年10月18日 | 日記・エッセイ・コラム

 

いい音で音楽を聴くに越したことはない。だが人によって音に対する感覚、思い込みが異なる。果てない原音再生の音を追求するオーディオマニア。われわれ一般の音楽愛好者を逸脱したレベルの音響マニアは寝食を忘れて垂涎の音響マシンを凝視している。どのマニア(mania:「狂気」という意のギリシャ語)にも共通した妄執というべき熱い世界観があります。わたしも何かとマニアックな人間ですからマニアの方の気持ちがよくわかります。オーディオの世界は今も昔も変わらぬ凄まじい音への欲望世界でありますが、最近、ハイレゾ人気でこの世界は更にアナログ、デジタルを酷使した超価格な音響機器の激烈な商戦が繰り広げられている。個々、多種多様なオーディオマニアの執拗な音への拘りがあり、音のリアリティーのためには千金出費も惜しまないわが道を行くサムライたちなのである。しかしながらいくら最新の音響機器を揃えても現実の臨場感、音源は得ることはできないでしょう。仮想現実ならぬ仮想音源なのですから。それでも尚、リアリティーに大枚の金を叩き、少しでも他を圧する優越感と所有感を得たいのがマニアなのです。今日もまた音響メーカーの巧妙で格調性を込めたコマーシャルの誘惑に、あれやこれやと思い巡らしては次なるオーディオ・マシンを手にするのである。音道(おんどう)ともいうべき快楽と望蜀なるを突き進むのです。いやもう実に羨ましい限りである。Audiophile(オーディオマニア)望蜀(ぼうしょく:一つのの願望を得ると次なる願望を得る)

                Image of The Audiophile

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 肖像画を描く・気味悪いわた... | トップ | 写真機と表現について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL