乱愚雑記帳

わが鼓動とともに

誰が化学兵器を使ったのか?・醜い仮面劇

2017年04月17日 | 日記・エッセイ・コラム

 

この許しがたい惨劇が事実であるならば、誰が化学兵器を使ったのであろうか。調査に対しては国連で中国は棄権でロシアが拒否権を出す。これではどうにもならない。シリアを擁護するロシアのプーチンの真意は。アサドが嘘をついているのであろうか。アメリカのでっち上げなのか。誰かが嘘をついているのだ。これでは苦しみながら亡くなった市民、負傷した多くの一般市民はうかばれない。嘘つき指導者のために世界市民が苦しんでいる。巡洋艦ミサイルによるアサド政権基地への攻撃、アフガニスタンISへの大規模爆風爆弾投下など、これら一連の攻撃が単にトランプ政権の人気奪回の起爆剤であってはならない。大国指導者の思惑は実に卑劣である。世界市民が嘘つき指導者に、民族を超えて戦争、領土略奪、習近平の言論弾圧などに対してNOを突きつけなければならない。ヒトラー政権が崩壊して70年余り、目を覚ました亡霊たちが世界を揺り動かしている。実に危険な時代である。世界のメディアが造り上げた世界構造の真偽をわれわれは凝視しなければらない。SNSが飛び交う時代にあってどれが正しい情報なのか。夥しい爆撃と荒れ果てた大地で今日も戦渦に紛れ、安息の地を求め彷徨える避難民は後を絶たず。果てしない殺戮の歴史と仮面劇は続く。汚れきった指導者が世界を揺り動かしている限りは。

Illustration : ENDO HIRAO

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 試される人類 | トップ | 流れゆく雲に思いを馳せる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL