南の島の土着民風自由人

インドネシアで仕事をしながら悪戦苦闘とエンジョイを紹介しています。

(^_-)-☆現状確認

2017-08-09 22:50:14 | 生活

 3126 今年中に、中学三年の時の同級会をやりましょうということになって、15年ほど前の学年会の時に作った名簿を頼りに、現状を確認するための往復はがきを出していただいた。返信は私宛になっていた。3日に出していただいた。総勢で男31人、女22人の計53人のクラスだった。そのうち、亡くなっていた方が、4名、不明が1名だったので、幹事となっている2人、以外の46人に出した。早速、11名分が戻ってきた。そのうち、宛先に届かず戻ったのが、7人だった。一人は子供さんから、亡くなったとの返事、3人だけが所在確認ができた。ということは、今、戻ってこないということは、届かなかったのは、7人で、ご本人が、その住所にいるかいないか分からないが、46人の住所には届いたことになる。35人からの返事を待つ。

 

 

日本に戻る前の三日間のパンガンダランを思い出す。これは、東海岸の朝の様子だ。地引網は、今も昔もやっている。しかし、砂浜が無くなっていて、消波ブロックが数えきれないほど置かれている。そして、竹でできた、危なっかしい桟橋がいくつか、出ている。カヌー マリンジェット、バナナボートの乗り場になっている。

2008年の地震、津波によって、西海岸はなんでもなかったが、東海岸が無くなってしまった。それ以前は、百隻以上の漁船が係留されていて、日の出とともに、一斉に、沖へ出て行った。その船が出て行ったあと、地引網の引っ張りが始まった。観光客は、サンライズと共に、その様子を見ることができた。

 

しかし、今は、漁船は、ずっと東の新係留場から出発になってしまったし、地引網の砂浜はほとんどなくなった砂浜で引っ張っている。とれる魚も、小さい。景色などというものではなくなってしまって、残念だ。

でも、できれば、まだ、何度も、行ってみたい。もう、ホームシックか。

 

新規四点の金型POが入ったようだ。軟硬質PVCのプロファイル、金型が難しい、淀みをなくさなければ、焼けて、変色してしまうからだ。マシン、キャパは、大丈夫だろうか。

確認 消息 同級

『ささやき』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (^_-)-☆飼う | TOP | (^_-)-☆不可解? »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 生活

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。