南の島の土着民風自由人

インドネシアで仕事をしながら悪戦苦闘とエンジョイを紹介しています。

(^_-)-☆ゴルフブッキング

2016-10-17 22:41:09 | 環境

 2831 昨日は、8時近く、今朝は5;45のティーオフだった。一番スタートだった。南半球のチカランは、日本とは、反対に今、日が長くなっている。天気が良ければ、5;30に、スタートができる明るさになっている。大変、清々しい、風が少しでもあれば、もっと、雰囲気は良いのだが、無風で、ちょっとだけ、蒸した。それでも、早朝スタートに限る。前半は、前を待つことがないので、自分たちのペースでできるのが、また、良い。

 

この一か月前ほどから、私たちのグループの世話役を私がしなければならなくなっている。というのも、今まで世話役をしていてくれた方の体調がすぐれず、日本やペナンに頻繁に出かけて行って、検査や治療をしているので、参加することもできなくなっている。その方に頼るわけにいかず、その方が回復し、復帰するまで、私が代わりを務めさせてもらっている。その方には、何もしてやることはできないが、やはり、ちょっと、面倒だから、一刻も早い回復を期待していますよ。頼りにしているんですから。

 

私が引き継ぐことになって、知ったことは、予約申請は一か月半ほど前からできる。私たちに場合は、毎週土日と祭日に一組、仮の名前を入れて、申請すると、直ぐに、その三分の二は、ティーオ時間を示してくれる。残りの三分の一は、ウェーティングになる。そして、そのWTの日は、直前、その二三日前に、必ずと言っていいキャンセルがあって、スタート時間が知らされる。私の方は、確定した参加メンバーの名前を二三日前から、直前の間に、メールで送る。私たちからキャンセルすることは今まで、なかったと思う。例えば、参加できる人が二人になってしまった場合は、何とかして、もう一人、色々な人に頼んで、三人にしてきた。今度の土曜日は、二人になってしまっていたが、今日、一人の方に頼み込んで参加していただけることになった。

 

余談だが、二人になってしまった場合でも、どうしても、やりたいなら、割り込みを狙って、偶に一人で来ているインドネシア人がいれば、予め、受付に頼んでおく、どいしても、そういう人が見つからなければ、キャディーの中で、ゴルフの上手な人がいるので、その人に費用を負担して入ってもらい、三人で回ることもできる。

 

妻の誕生日である。私の誕生日まで、二週間ほど同じ歳になる。私の沢山あるパスワードの中に、必ず、1と6は、どこかに入れてある。

予約 キャンセル 早朝

ジャンル:
きいて!きいて!
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (^_-)-☆シンガラジャ | TOP | (^_-)-☆潜在意識 »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。