南の島の土着民風自由人

インドネシアで仕事をしながら悪戦苦闘とエンジョイを紹介しています。

(^_-)-☆フル稼働

2016-09-15 22:44:53 | 押出成形

 2799 四ラインしかない押出成形ラインはフル稼働だ。24時間三交代、マシンストップは日曜の朝から月曜の朝までだけだ。冷蔵庫の売れ行きが良いようで、追加注文が増えている。また、日本の水槽屋さんは一番忙しい時期は過ぎたが、注文が落ちていない。それに、何やら知らないが、S-PVCのチューブもコリアン企業からの注文が増えている。引っ越しに備えて、在庫も増やしておかなければならない。

 皆さん、真面目に良く仕事をしてくれる。というのも、やっと、従業員が定着してきた。開業から半年くらい前までは、テストもせず、金をせびって入社させていた従業員ばかりだった。ダイレクターを先頭に、仕事ができない、不向きの連中ばかりだった。ダイレクター自体が自分が不向きと気が付いていなかったから、どうしようもなかった。それらの人達全員、会社から去ってもらって、見込みがある人だけを入社させた結果、やっと、定着、三交代の各シフトのリーダーもでき、日勤の工場長補佐のような立場の人間も育ってきた。

 

そんな中、昨日のように、新規の注文、金型製作依頼も入ってきている。今日は、先ほど、ジャバベカ内のインジェクションモールドの会社から、私指定で呼び出しがかかり、行ってみた。行って見たら、ナンブに頼んだが断られて、私を紹介してくれたという。求めているチューブはシリコン樹脂だという。それじゃできないよ。シリコン樹脂を入手が難しいし、成型方法も特殊で、他の樹脂に簡単にできない、専用設備が必要だよ、メイド イン インドネシアは、出来ないね。KIICに信越化学らしき会社がるが、あそこは、何を提供しているのかなと、ふと思った。

で、滑り止めグリップというから、シリコンでなくても、耐熱がそれほど必要なければ、柔らかく滑りにくい樹脂ならいいじゃないの、と、エラストマーでどうか、それなら、当然、原料自体、シリコンより安くなるし、かなり、値下げになるよ、一例としてサントプレーンを提案した。青だという。着色可能なナチュラルグレードにすれば、何色にでもできる。硬度もショアーAで、50とか60くらいのグレードも一般的なるよ。と。

オレフィンやPVCなどに比べ、安い樹脂ではないが、成形は簡単にできるから、見積がOKなら、30日後,以内には、サンプルを出せる。

それだけ、説明すると、大変、乗り気になってくれて、見積もり直ぐにでも出してほしいと頼まれた。毎月400kgくらいのクオンティティーだ。面白そうな仕事になりそう。

http://otaenplaext.net/newpage120.html

急いで書いたので、変換違いや誤記が多いでしょうが、イジェン旅記録です。修正中。

フル稼働 シリコン エラストマー

ジャンル:
きいて!きいて!
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (^_-)-☆現実に戻る | TOP | (^_-)-☆引っ越し、いつ? »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。