南の島の土着民風自由人

インドネシアで仕事をしながら悪戦苦闘とエンジョイを紹介しています。

(^_-)-☆持ち物

2016-10-12 21:16:51 | 生活

 2826 普通、いえから、出かけるときに、持って出るもの。私にしてみれば、沢山ある。こんなに色々チェックしなければならなくなっている。日本で仕事をしているときには、HPは持っていなかったし、ラップトップも持ち歩く必要なかった。というより、使っていなかった。今は、仕事に限らず、生活必需品だ。

 

その他、ずっと絶対携行品は、サイフ、これには、現金のほかに、シム(運転免許証)など、様々なカードが入っている。そして、ここは外国です、パスポートとキタス(住民票)は、絶対です。そして、デジカメ。

 

ここまでの物は、持って出てこなかったと、気が付いた時点で、取りに帰るのが原則。

 

持っていた方が良い物、ボールペン、名刺、車にはティッシュペーパーは常備してある。

 

年齢とともに必需品になったもの、分厚いレンズの老眼鏡、涙成分目薬、水が入ったボトル、入れ歯接着材や洗浄剤、レンズ以外は忘れれば、コンビニで手に入る。

 

泊りがけで出かけるときには、蚊取線香や蚊取スプレー、そして、コンセント(日本式も使える)トイレットペーパー。これらも、コンビニがあれば手に入るが、日本式のコンセント(インドネシアのコンセントに差し込める)は、忘れたら大変。予備のバッテリーとバッテリーチャージャー、Wifi用USBモデム、

 

特殊なもので、一人で、高速道路で平日ジャカルタやその向こうに行くときに、口が大きめの空のボトルを持て行く、万が一の備え、大渋滞時の緊急トイレ用です。

多分これで、全部だと思うが、もしかしたら、忘れていて、他にあるかもしれない。自信がない。

 

スンガイ カリマランの両側の土手道には、何でもリサイクルの会社というか、倉庫というか、直販所というか、廃品回収場というか、そういう類の場所が多い。プラスチック製のパレット、プラコン、袋、ロールなど、求めるものが安く買うことができるでしょう。もし、求めるものがないとき、時間があるなら、一応頼んでおけば、同業者に聞いて見つけてくれるでしょう。

 

この信号機は、なんと15年以上前に設置されて、多分、一か月くらいしか機能しなかったと思う。このまま、使われないまま、今では、もし、使おうにも、この四差路の一方が通行止めになっているし、右からの進入もできないようになっているので、信号の位置自体が、ここに、合っていないので、新しく場所を変えて設置しなければならない。そんなことをするはずがないのが、インドネシア、ここには、信号は似合わない。

持ち物 忘れ物 必携品

『ささやき』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (^_-)-☆水の事故 | TOP | (^_-)-☆バッカじゃないの »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。