25時間目  日々を哲学する

著者 本木周一 小説、詩、音楽 映画、ドラマ、経済、日々を哲学する

自分に利するほうに感情は動く

2017年07月12日 | 社会・経済・政治

 自分に利する方に感情は流れる。これは人の常だ。官僚しかり、政治家しかり、一般人しかり、誰でもその傾向がある。

 仕事を辞めることになると、利害関係はほぼ狭まるから、せいぜい選挙の時に、どの政策が自分に利があるか、あるいは利が関係ないとすれば日本はよくなるか、という大きなところから判断することになる。

 森友学園の籠池元理事長に関連して、200人ほどの弁護士グループが近畿財務局の官僚7人と財務省を証拠隠滅罪で13日に刑事告発する。 籠池氏に関係なく、弁護士たちは国民の財産を不当に安く売り、しまも証拠を隠滅したのが許せないということだ。当然のことだろうと思う。おそらく加計学園問題でも同じことが起こることが予想される。自分に利することも過剰になれば、こういう仕打ちが待っているということだろう。

 さて、昨日は週刊現代を買った。近い未来の年表があったからである。かねがね新聞で未来の年表の本の広告掲載があり、買いたいと思っていた。

2018年 IT技術者不足が深刻化する

2030年(だったか?) 地方からデパート、銀行、病院が消える

 次回にでも年表風に並べてみようと思う。すべての原因は人口減少、高齢化社会にある。それと大都市一極集中にもある。が、三軒に一軒は空き家となるのは東京も同じである。マンションの耐用年数がやってくる。修理が起こってくる。

 また社会が蠢動し始めている。

 

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本人の中には情けない人もいる | トップ | 誰かやらないかと思う »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会・経済・政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。