25時間目  日々を哲学する

著者 榎本順一 小説、詩、音楽 映画、ドラマ、経済、日々を哲学する

尾鷲市はどうであるか

2017年05月20日 | 社会・経済・政治

 道ですれちがった知り合いに、挨拶がてら、「尾鷲も死んでっきょるなあ」と言ったら、「何言いよん。もう死んどるわい」

 彼はビールケースを小型トラックから降ろしながら、そう言った。「おれも歳でこの業界最年少やで。あと継ぐものはおらん。みんなそうやがな」

 そこまで言う、と思いながら、歩いていくといつもの八百屋さんの金魚をみる。金魚ケースの掃除をしている。ここに集まる人もご老人ばかりである。

 30代、40代の人口が少ないのがこの市の致命的なところである。

 けれど、尾鷲市の市長選挙の候補者主張を読んでも、相変わらず、「地場産業の振興」を訴える。どの市長候補も訴え続けてもう30年齢や40年になるが、衰退するばかりで、上向く気配もない。20代、30代、40代に焦点をあてた政策がない。

 公共投資をするには土木工事のようなももでなく、三次産業に行うのが筋論であり、もっと未来を見つめれば四次産業への政策が必要になる。尾鷲という地方衰退都市であれ、三次産業従事者は60%は越えているはずだ。

 四次産業というものを定義しておくと、無形のものと無形のものによりものが活性化する産業振興センターだと言ってよい。たとえば地域医療において、遠隔でgazouとデータベースを送り、高度な判断ができることがそうだろう。衛星やネットを使った方教育もそうかもしれない。特許権など知的財産権の使用権などもどうだろう。

 三次産業が主役となった消費資本主義の社会が始まってから、もう30年以上くらいになるのではないか。水が販売されたころだ。水が売れるとはそれまで考えたことがなかった。しかし、自民党政権も、民主党政権も、産業構造に目を向けず、三次産業の意味がわからなかった。民間業者にまかせるまま、時は過ぎて行った。

 そして、昨日、名古屋の東急ハンズで物を見てまわった。そこにあるのは、絶対必要物もあるが、ほとんどが要らないんじゃないかと思うものばかりだった。

 これ以上物は要らない、とほとんどの人が思い、買わなくなった時が資本主義の終わりを意味することだろう。

 尾鷲の話に戻るが、これぞ、という有効な政策が打ち出せない感がある。議員の方からの独創的な案もなさそうである。このまま衰退し続けるシミュレーションが要るのかもしれない。四次産業を産み出す、若手グループシンクタンクの誕生を期待する。マンガ、イラスト

デザイン、写真、IT技術、プログラマーなどの集団である。

 

ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名古屋うろちょろ | トップ | 戦前の環境 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。