25時間目  日々を哲学する

著者 榎本順一 小説、詩、音楽 映画、ドラマ、経済、日々を哲学する

放っておけばよ

2017年05月15日 | 社会・経済・政治

 北朝鮮、北朝鮮とテレビ情報番組はかしましい。何を言いたいのかよくわからない。注意を促しているのか、防衛体制をちゃんしろといいたいのか、危機を煽っているのか、テレビ局の思惑がわからない。

 ぼくの意見では、北朝鮮の問題は、「放っておくのがよい」と思う。放っておいてなにか都合の悪いことがあるのか。核ならアメリカもイギリス、フランス、ロシア、中国の国連常任理事国に加えて、インド、パキスタン、イスラエルも持っているではないか。核などもたないのがよいと思うが、核をもっている国が、北朝鮮にけしからん、と言うのも大変な矛盾である。どう説明するのだろう。

 アメリカのやり方はあいも変わらずで、この国は人類として、先進国として進歩しているのか、不思議に思う。むしろ後退している。

 国家を開くという傾向の緒についたEU,ヨーロッパはずっと戦争を繰り返してきた。そのあいだに人々の交流も盛んになった。そしついにEU各国を国を開いた。

 おそらく、それが世界史の傾向であろう。

 第三者が干渉しないほうがよい。日本は忍耐と努力で拉致問題二か国でやるのが正当だろうと思う。

 

ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« このくらいがちょうどよい | トップ | 睡蓮、メダカ、大相撲 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。