25時間目  日々を哲学する

著者 榎本順一 小説、詩、音楽 映画、ドラマ、経済、日々を哲学する

雨よ降れ

2017年06月19日 | 日記

 雨が降らないので、曽根の庭の池は谷からの水で

その水量が少なく、睡蓮が枯れる勢いである。夏休みなので、客に睡蓮を見ていただこうと、張り切って植えたもだった。見に行ってから三日目、まだ雨は降らない。天気予報では今週末あたりだという。

 どうも空梅雨のようだ。こんな年は8月、9月に大雨がくるという。思い起こしてみたが、記憶にない。

 伊勢湾台風や大浸水のとき、勇んで、桜町の通りで、水泳をしてふざけていたのを思いだす。今から思えば、なんと汚かったものか。ウンコもみんな混じった汚水のはずだ。あの頃は衛生観念などなかったもだろう。

 雨よ降ってくれよ。ところでいい天気がつづいているわけだが、ビールを好んで飲まないようになったなあ。

 

 

ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 育てる | トップ | 奇蹟の数式を »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。