25時間目  日々を哲学する

著者 榎本順一 小説、詩、音楽 映画、ドラマ、経済、日々を哲学する

歌わずにはいられない エリーダ・アルメイダ

2016年10月11日 | 音楽

  ポルトガル、リスボンのアルファーマという路地のエリアに入る手前に小さなミュージックショップがあり、僕はそこで「セザリア・エヴォラ」のCDを見つけた。勘で買ったのだが、大成功だった。セザリアは瞬く間に世界を席巻した。彼女は西アフリカの島 カーボヴェルデの出身で、その島で「裸足のセザリア」と呼ばれていた。

 セザリアが世を去ったのは2011年。もう彼女の新しい歌は聴けないと思っていた。今日、名古屋に入ったついでにタワーレコードに寄った。すると、ワールドミュージックのコーナーに「こころに響く歌声!アフリカ、カーボヴェルデから、世界に羽ばたく注目の歌姫! エリーダ・アルメイダ」『歌わずにはいられない』とポップに書いてあるのが目に入った。おお、ついにセザリアを継ぐものが出てきたか、と僕はそのCDを買った。セザリアを知ったときは彼女はすでに40代だったと思う。エリーダ・エルメイダはまだ23歳である。生まれ持った声が切ない。そしてセザリアよりも高音部が透き通っている。中音部はチェロのような声である。時にバスのような声も出る。

 出てきたか。そういうものなのかもしれない。ファドの女王アマリア・ロドリゲスが亡くなったあともやはり出てきた。

 帰りの車の中でエリーダ・エルミダの曲を聴きながら、この踊りと歌の島には一度行ってみたいものだとはるばる思う。

 たまたま出かけた店でセザリアを継ぐ若い歌手のCDと出会うのも珍しく、不思議な思いもする。

 ポルトガルの植民地であったカーボヴェルデ。アフリカ、ブラジル、西洋の音が入り混じっている。喜ぶべきこの運。今日はこれで十分である。

ジャンル:
話題の人
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 漱石のこと | トップ | 木瓜の花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。