25時間目  日々を哲学する

著者 本木周一 小説、詩、音楽 映画、ドラマ、経済、日々を哲学する

渡利ガキ

2016年12月07日 | 日記

  毎年、この時期楽しみにしていた殻付きの「渡利ガキ」が今年は成育不良で、オトトや魚店にでてこない。いつも歳暮は「渡利ガキ」と決めていたので、困ったことになったと思っている。しかたないか、と思っていて、鳥羽の方には「的矢ガキ」があるではないかと思いつき、早速検索してみると、これが高い。今まで買っていた殻付きガキの2倍以上の値段がする。それで、渡利ガキの生産現場に行ってみることにしようと思い立ち、昼から出かけた。産地直送だけが精一杯で店に卸すことができないのかもしれない。

 白石湖は海と川がつながった湖である。このちいさな湖で7つの業者が牡蛎養殖をしている。

 牡蠣殻を削る人一人、ナイフで身を取り出す作業をやっている女性一人、話しかけると、もう予約分だけでも足りず、店には出せないし、僕のような突然くる客のものはない、と不機嫌そうに言う。

 7店全部まわっても同じことだという。特に湖の奥の方にある筏の牡蠣は8割り方死んだという。しつこく、その理由を訊くと、夏の水温が高かったのと、台風が来ず、プランクトンを運んでもらえなかった、という。

 「そういえば近年、尾鷲に台風来ない。大雨もないなあ」と僕が言うと、

 「台風がかき回してくれて、水温が下とええんやけどな。毎年減ってくんやがな。台風がこんので、だんだんと商売できんようになってきたわ」

 11月の始め頃に、予約が入っていた分だけで終わったらしい。

 しょうがないので、またスマホで検索すると、鳥羽には多くの業者がある。そして一個あたりの料金もまちまちである。結局鳥羽の牡蛎に決めたのだった。

 それにしても、海の温度で左右される商売もきついもんだ。鳥羽の水温は大丈夫だったのだろうか。

 

※※※※※※広告

家族大集合。グループ旅行、釣行、熊野古道散策に、尾鷲市 曽根貸別荘

 





 

 

『お取り寄せ・産直品』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界をつくった6つの発明 | トップ | 人間の保守性の断面 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。