25時間目  日々を哲学する

著者 榎本順一 小説、詩、音楽 映画、ドラマ、経済、日々を哲学する

木瓜の花

2016年10月13日 | 日記

 今日は待ちに待った「木瓜」を友達からもらった。庭から庭への移植だったので、その友達が根付くまでのやり方丁寧に教えてくれ、剪定の仕方も教えてもらった。十月が植えかえにいい時期だというので、本当に心待ちにしていた。薔薇よりも花びらが重なって豪華だというので、「雅」という名前を自分勝手につけた。これから四季それぞれに咲く木瓜を探そうと思っている。

 有吉佐和子の「木瓜の花」にすっかり興味をもってしまった。蔦代が精魂こめてこの花を盆栽で育てていた。僕は盆栽ではなく地植えであるほうがよいので、それを大事に見守っていこうと思っている。

 庭の木蓮、山茶花、金木犀が高くなり過ぎ、道路にはみ出してきたので、これの剪定の仕方も教えてもらった。

 角谷弁護士から二冊の小説が届いた。電話をすると面白かったという。「殻付き牡蠣は好きか」と尋ねたところ「大好きだ」というので、「それじゃあ11月になったら送るから」と言って、「仕事は忙しいのか」「まあ、こまごました仕事があってなあ」などとやりとりをした。

 僕は「やりとり」が結構不得手であるが、こういう「やりとり」は大事なことだと近頃思う。ようやく秋がやってきたという大気があって、秋の雲が薄っすらと空をデザインしている。木瓜を植えたついでにあちこちに伸びる蔦を刈り取った。相当な量だった。それをしてから錆びた鉄柱で無様になったガレージの鉄の骨格を白いペンキで錆を隠した。いつまでもこの柱などは持たないと思うが一応の手当である。この大量の蔦は燃やしてしまうことにしようと乾かしてある。

 16日は東京まで車でいかなければならないので、出不精になった自分を「いくぞ」と思うように気合をいれつつある。昔はひょいひょいと出かけたものだが、変わったものだと少しあきれている。

 

ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歌わずにはいられない エリ... | トップ | 男はどうなっているんだ 小... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。