25時間目  日々を哲学する

著者 本木周一 小説、詩、音楽 映画、ドラマ、経済、日々を哲学する

権力チェック

2017年06月28日 | 社会・経済・政治

 人の脳は割ってみてもわからないが、出してくる言葉によって、この程度のことくらいしか考えてないんだ、と思うときがある。といって、その人はぼくの知らない分野で、深く、広く知っているかもしれない。だからやっぱり人はわからないものだということになる。

 例えば、どうして、国会議員で、防衛省大臣が都議会の選挙応援で、防衛省、自衛隊、自民党が応援しています、と演説する馬鹿がいる。この大臣は自衛隊員にも、選挙する自由があるといことが頭にないらしい。司法試験にも合格した法律の専門家である。

 呆れてものが言えないとはこのことだ。読売新聞の編集長の脳の中も覗いてみたいものだが、僕らが戦後学んできたことは、権力はチェックされなければならない、ということだ。マスコミが権力に同調を始めると悲惨なことになると知っている。

 憲法は国民が権力をチェックするための原理法である。このことは肝に銘じたい。

 

 

ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 村上春樹 騎士団長殺し | トップ | 学歴女あるいは男 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会・経済・政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。