国防・核拡散・原発事故防止の為に原発国有化し稼働率60%・出力50%に

荒廃・疫病・死のない世界を作りましょう。発言しましょう。ザンバラ ザンバラ

世界基準に準拠したJIS規定DNAは時の権力が決める 戦争と平和-5505

2016年10月11日 06時52分01秒 | 原発・核物質の国有化
☆世界基準に準拠したJIS規定DNAは時の権力が決める
 精子・卵子のDNAを電子ビームでJIS基準のDNAを
 焼きこむ、 未照射の子供は野良人間として保健所に捕獲
 されて惑星で金鉱山で働かされる、

東京新聞2016年10月11日 00時55分
 サルの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った心臓の細胞を、心筋梗塞のサルに移植し、心臓の働きを回復させることに成功したと信州大などのチームが10日付の英科学誌ネイチャーに発表した。人に近い霊長類のサル同士で、iPS細胞により心臓の機能を再生させたのは初めて。人の再生医療への応用に向け大きな一歩になりそうだ。
 心臓病の人への応用は大阪大や慶応大などで計画が進んでいる。信州大の柴祐司・准教授は「拒絶反応やがん化、副作用の問題を解決しなければならないが(信州大も)他のチームと連携し、数年以内の臨床応用を目指したい」と述べた。
(共同)
東京新聞2016年10月10日 18時00分
 認知症の原因となる難病「前頭側頭葉変性症」の病状を、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使って体外で作り出し、発病メカニズムの一端を解明したと、京都大iPS細胞研究所の井上治久教授(幹細胞医学)のチームが10日、英科学誌電子版に発表した。新薬の開発につながる可能性があるという。
 チームによると、前頭側頭葉変性症は遺伝子の変異により起きる神経変性疾患で、脳の神経細胞がダメージを受ける。
 研究では、同変性症の患者2人の皮膚細胞などから作ったiPS細胞を脳の神経細胞に変化させた。
(共同)

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気が狂った狼男 戦争と平和-... | トップ | 徴兵自衛隊員はシリア派兵で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

原発・核物質の国有化」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL