国防・核拡散・原発事故防止の為に原発国有化し稼働率60%・出力50%に

荒廃・疫病・死のない世界を作りましょう。発言しましょう。ザンバラ ザンバラ

ミヤンマー経済大国の餌食いやODA利権の市場 戦争と平和-5534

2016年11月05日 19時05分44秒 | 原発・核物質の国有化
☆やっと見つけたODA援助先

東京新聞2016年11月3日 12時31分
 岸田文雄外相は3日午前、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相と東京都内のホテルで会談した。ミャンマー政府軍と少数民族武装勢力との和平進展に向けて連携を図る方針で一致。岸田氏が重視する「核なき世界」の実現に向けた協力も申し合わせた。
 両氏は、ミャンマーのさらなる民主化の必要性を確認した。ミャンマーの隣国インドと連携し、メコン川流域の東南アジア諸国連合(ASEAN)各国のインフラ整備を進め、経済成長を目指す方針でも合意した。
 岸田氏は、ミャンマーがあらゆる核実験の禁止を目指す包括的核実験禁止条約(CTBT)を批准したことを歓迎した。
(共同)
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 尊い15歳の命を冤罪で自ら... | トップ | 柏崎原発を狙う試撃ちの北朝... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL