国防・核拡散・原発事故防止の為に原発国有化し稼働率60%・出力50%に

荒廃・疫病・死のない世界を作りましょう。発言しましょう。ザンバラ ザンバラ

侵略より自然の恵みを待つ 戦争と平和-5806

2017年05月10日 18時51分56秒 | 原発・核物質の国有化
☆侵略より自然の恵みを待つ

東京新聞2017年5月10日 18時15分
 海上保安庁は10日、東京・小笠原諸島の西之島で、火山活動により流れ出た溶岩が南西と西の方向に広がった結果、昨年9月と比較して島の陸地が約7ヘクタール拡大したと発表した。全体の面積は東京ドームの約59倍に当たる約275ヘクタールとなった。

 西之島は4月20日に2015年11月以来の噴火が確認された。海保は5月2日午後に航空機で上空から観測。島の2カ所で溶岩流の先端が海上に出たため、南西に約180メートル、西に約170メートル拡大していた。

 同乗した東京工業大火山流体研究センターの野上健治教授は「マグマの供給が依然として続いている」と分析した。
(共同)
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆読売新聞は自民党の機関紙だ... | トップ | 国会にカジノを併設 戦争と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL