国防・核拡散・原発事故防止の為に原発国有化し稼働率60%・出力50%に

荒廃・疫病・死のない世界を作りましょう。発言しましょう。ザンバラ ザンバラ

東芝は原発で破産した日本は原子力政策と中曽根康弘で破産する 戦争と平和-5898

2017年07月01日 10時36分52秒 | 原発・核物質の国有化
☆エネルギー資源のない日本は原発で輝く未来が保証された
 しかし、幻想だった、

東京新聞2017年7月1日 朝刊
 日本原子力研究開発機構は三十日、原子力規制委員会に対し、原発の使用済み核燃料からプルトニウムなどを取り出す国内初の再処理工場「東海再処理施設」(茨城県東海村)の廃止措置計画を認可申請した。作業終了までの約七十年間で総費用が約一兆円に上ると初めて公表。当初試算の約八千億円より二千億円余り膨らんだ。国費で賄われる。

 再処理は国の核燃料サイクル政策の中核で、東海施設は一九七七年に再処理を開始、老朽化などのため二〇一四年に廃止が決まった。国の核燃料サイクル政策が行き詰まる中、巨額の国費が投じられる。

 東海施設では、高レベル放射性廃液をガラスと混ぜた固化体約二百七十本や、約三百七十立方メートルの廃液そのものが保管中。同計画によると、廃止により、約七万一千トンの低レベル放射性廃棄物も発生すると推定されるが、いずれも処分先は決まっていない。

 機構は当初、総費用を約八千億円と試算。しかし、放射性廃液をセメントと混ぜて固める「処理」の費用を含んでおらず、今回、二千五百億円と見積もった。

 その他の費用は、放射性物質で汚染された機器や設備の「除染・解体」に千四百億円、放射性廃棄物の処分場への「輸送・埋設」は三千八百億円など。最初の十年間で実施する廃液設備の耐震補強工事などの費用二千百七十億円(公表済み)や、建屋の解体費なども必要で、総額一兆円に上るとした。

 核燃サイクルを巡っては、約一兆円の国費を投じた高速増殖原型炉もんじゅ(福井県)が、廃炉が決まっている。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 下村博文遵法方法で金を集め... | トップ | ダンサー木本全優さんおめで... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

原発・核物質の国有化」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL