国防・核拡散・原発事故防止の為に原発国有化し稼働率60%・出力50%に

荒廃・疫病・死のない世界を作りましょう。発言しましょう。ザンバラ ザンバラ

誰の入れ知恵かまま事遊びで誤魔化す稲田国民は怒っている 戦争と平和-5866

2017年06月13日 15時12分58秒 | 原発・核物質の国有化
☆まま事遊びで誤魔化す稲田
 誰のために騒ぐ
 騒ぐ目的は共謀罪法か

東京新聞2017年6月13日 夕刊
 稲田朋美防衛相は十三日午前の記者会見で、北朝鮮による相次ぐ弾道ミサイル発射を踏まえ、迎撃用の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を展開させる訓練を、十五日に航空自衛隊小牧基地(愛知県小牧市)で実施すると発表した。ミサイル発射機やレーダーなどの機材を基地内で組み立て、作動させ、撤収する手順を確認する。ミサイルの発射は行わない。防衛省は通常非公表の訓練を公表した理由を「弾道ミサイルへの即応態勢を堅持し、国民に安心感を与えるため」と説明している。

 同省によると、北朝鮮を名指ししてPAC3の展開訓練を公表するのは今回が初めて。訓練の公表は二〇一三年十月に大阪府の万博記念公園で実施して以来。同省は今月中に小牧基地の他、九州地方などの三カ所の駐屯地で同様の訓練を実施した後、順次、PAC3が配備されている各地の拠点で同様の訓練を行う。米軍との共同訓練も検討している。日本の弾道ミサイル防衛は、海上自衛隊のイージス艦搭載の海上配備型迎撃ミサイル「SM3」が大気圏外で迎撃し、撃ち損じた場合は陸上のPAC3で対応する二段構え。PAC3は全国十七の高射隊に二基ずつ計三十四基が配備されている。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人間は愚かですプルトニウム... | トップ | 昔々お婆がネズミ退治に失敗... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

原発・核物質の国有化」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL