国防・核拡散・原発事故防止の為に原発国有化し稼働率60%・出力50%に

荒廃・疫病・死のない世界を作りましょう。発言しましょう。ザンバラ ザンバラ

日本憲法は破壊されて表現・思想の自由を失い韓国併合へし日韓経済圏へ 戦争と平和-5826

2017年05月20日 00時28分16秒 | 原発・核物質の国有化
☆なし崩し的に日本憲法は破壊されて表現・思想の自由なし
 どの時点で国民は立ち上がるか

東京新聞2017年5月19日 夕刊
 「共謀罪」法案の採決に向けた審議が衆院法務委員会で進んだ十九日午後、東京・永田町の国会周辺では、法案の採決強行に反対する集会が開かれ、参加者が「心を縛る法律要らない」「表現・思想の自由抑圧するな」などと抗議の声を上げた。

 正午ごろ始まった集会には、市民団体や労働組合、宗教団体など数十団体が参加。一帯の歩道の半分は人で埋め尽くされた。マイクを握った野党の国会議員は「いくらでも解釈可能な危険な法律」「戦前の治安維持法のように、国民の口をふさいで、戦争に向かうための法律ではないか」と声を張り上げた。

 早朝から駆け付けてチラシを配っていた東京都千代田区の男性(61)は「法案に対する疑念はたくさん残っているのに、国会の慣例にのっとって審議が三十時間過ぎたから採決するなんてあり得ない。多数派は何をやってもいいという数の横暴だ」と怒りをあらわにした。

 江東区の男性(71)は「共謀罪ができれば、警察のやりたい放題になる。こんな集会も捜査しようと思えば捜査され、こわくて参加者はいなくなる」と不安を口にした。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本人は何時形成されたか ... | トップ | 日本は後進国の独裁政権にあ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL