Enoの音楽日記

オペラ、コンサートを中心に、日々の感想を記します。

大野和士/都響

2017年07月01日 | 音楽
 大野和士らしい問題意識が感じられるプログラム。1曲目はブリテンの歌劇「ピーター・グライムズ」から「パッサカリア」。弦の底光りするような透明感のある音が美しい。緊張感が漲るシャープな造形。弓がしなるような‘しなやかな’うねり。前プロの範疇を超えた本気度満点の演奏だ。

 2曲目は細川俊夫の「弦楽四重奏とオーケストラのためのフルス(河)―私はあなたに流れ込む河になる―」。2014年の作品で今回が日本初演。弦楽四重奏はアルディッティ弦楽四重奏団。オーケストラは2管編成で弦は12型。演奏時間は約18分。

 弦楽四重奏とオーケストラのための作品というと、サントリー芸術財団のサマーフェスティヴァル2014で演奏されたパスカル・デュサパンの弦楽四重奏曲第6番「ヒンターランド」を思い出す。弦楽四重奏曲と銘打ちながらも、実際はオーケストラを伴う曲で、ヒンターランド(後背地)という副題が示すように、オーケストラは弦楽四重奏の向こうに広がる空間のように感じた。

 一方、細川俊夫の本作は、もっと積極的に弦楽四重奏とオーケストラとの相互浸透が図られているようだ。弦楽四重奏がアンサンブルとして自己完結(または孤立)するのではなく、時には弦楽四重奏を4人の奏者に解体することも辞さずに、オーケストラの中に溶解する。

 わたしがもっとも印象的に感じた点は、曲の後半に弦楽四重奏のカデンツァが出てくるが、チェロ、ヴィオラ、第2ヴァイオリン、第1ヴァイオリンの順に激しい音型を弾くそのカデンツァが、弦楽四重奏団に任せられるのではなく、大野和士が指揮をしていたことだ。そのときの弦楽四重奏は、一つのまとまったアンサンブルというより、4人の奏者のように感じられた。

 ついでながら、N響が2018年1月に日本初演するジョン・アダムズの「アブソリュート・ジェスト」も弦楽四重奏とオーケストラのための作品だ。それもまた楽しみ。

 3曲目はスクリャービンの交響曲第3番「神聖な詩」。ブリテンとも細川俊夫とも違うスクリャービンの音の‘熱量’が放射される。わたしの頬は火照るようだった。複雑に入り組んだ音楽の進行が、迷走せずに、力強い起伏のあるドラマとして表現された。

 大野和士と、読響を振ったシモ―ネ・ヤングと、今日もまたN響を振るパーヴォ・ヤルヴィとは同世代だ。三者三様の個性がその充実のときを迎えている。
(2017.6.30.東京オペラシティ)
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パーヴォ・ヤルヴィ/N響 | トップ | パーヴォ・ヤルヴィ/N響 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。