Enoの音楽日記

オペラ、コンサートを中心に、日々の感想を記します。

武満徹オーケストラ・コンサート

2016年10月14日 | 音楽
 武満徹(1930‐1996)の没後20年記念演奏会。オリヴァー・ナッセン指揮の東京フィルの演奏で5曲。その選曲が面白い。1960年代の作品が4曲と最晩年の作品が1曲。1970年代後半から1980年代にかけての‘武満トーン’の作品は素通りだ。ナッセンの選曲かと思うが、今の日本の武満受容に一石を投じた格好だ。

 1曲目は「地平線のドーリア」(1966)。終始弱音でそっと囁くように演奏された。ソットヴォーチェの演奏。何年か前に聴いた演奏もそうだった。でも、この曲はそういう曲だろうか。弱音はよいのだが、その弱音はもっと緊張してはいなかったろうか。

 2曲目は「環礁」(1962)。ソプラノ独唱はクレア・ブース。声も技術もよいが、国籍不明の日本語にはまいった。大岡信のシュールな詩句が台無しだ。唐突に他の歌手の名前を出して恐縮だが、たとえば半田美和子のような歌手だったら、もっと効果的に歌えたのではないだろうか。

 もっともオーケストラは美しかった。全5部の中の第3部(この曲の中心部)は図形楽譜で書かれているが、当日は「イギリスの作曲家ジュリアン・アンダーソン(1967‐)による解釈」で演奏された。図形楽譜の演奏は、今後、○○版、△△版という形態も出てくるのだろうか。

 3曲目は「テクスチュアズ」(1964)。ピアノ独奏は高橋悠治。演奏は気合が入っていたが、正直なところ、曲がいかにも短い(もっと展開してほしい)と思った。この曲は大曲「弧(アーク)」の一部となったので、今後なにかの機会にその全体を聴いてみたいものだ。

 4曲目は「グリーン」(1967)。色彩豊かで生気に満ちた演奏。多少大袈裟になるが、この曲の再評価を迫る演奏のように感じた。ナッセンは10代の頃、この曲に惹かれたそうだ。わたしはナッセンとは一つ違いの同世代。わたしは「地平線のドーリア」に惹かれた。ともに青春時代の思い出だ。

 5曲目は最晩年の「夢の引用―Say sea, take me!―」(1991)。2台のピアノはジュリア・スーと高橋悠治。ピアノの音が美しかった。水滴が滴り落ちるような音。オーケストラも的確にこの曲を捉えていた。大胆な引用の音楽。ショスタコーヴィチの交響曲第15番やB.A.ツィンマーマンの「ユビュ王の晩餐の音楽」を思い出す。引用の仕方は三者三様だ。
(2016.10.13.東京オペラシティ)
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダリ展 | トップ | カンブルラン/読響 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。