Enoの音楽日記

オペラ、コンサートを中心に、日々の感想を記します。

飯守泰次郎/日本フィル

2016年12月10日 | 音楽
 飯守泰次郎指揮の日本フィルで湯浅譲二の「始源への眼差Ⅲ――オーケストラのための」(2005年)が再演された。湯浅譲二の音と語法を十分理解した演奏だったと思う。

 飯守泰次郎は、ワーグナーをはじめとするドイツ音楽のイメージが強いが、湯浅譲二のこの曲の初演者は飯守泰次郎だった。オーケストラは日本フィル。2005年2月のことだ。そのときのプログラムはバッハの「パッサカリアとフーガ ハ短調」(ストコフスキー編曲)から始まり、湯浅譲二の曲が4曲というもの。その最後にこの曲が初演された。

 11年ぶりの再演だ。正直にいって、初演のときの記憶は薄れているが、今回の演奏は、前述のとおり、ほんとうによかったと思う。湯浅譲二の音の世界が再現された。

 湯浅譲二の音の世界――それはなんだろう。わたしのような素人がいうのも何だが、あえてわたしがどう聴いているかをいうと、音の美しさと語り口のうまさだ。オーケストラ曲にかぎらず、どんな曲を聴いても、それを感じる。透明で澄んだ音の多層的な構造と滑らかな語り口。その根底には電子音楽の発想があるような気がする‥。

 時々思うのだが、「クロノプラスティクⅡ」(1999)には「E・ヴァレーズ頌」という副題が付けられ、「クロノプラスティクⅢ」(2001)には「ヤニス・クセナキスの追悼に」という副題が付けられている。ヴァレーズとクセナキスという、音楽史から切り離された‘単独者’(佐藤紀雄氏の言葉の借用)が選ばれていることは、偶然ではないように感じる。

 西洋と東洋とか、日本とか、そういった空間性を超えたグローバルな、もっといえば宇宙的な存在として、また20世紀音楽の流れとか、音楽上のイズムとか、そういった時間性を超えた絶対的な存在として、湯浅譲二は音楽を捉えているのではないだろうか。

 1929年の生まれなので、現在87歳のはずだが、とてもそういうお年には見えない。演奏会場でお見かけすることも多く、そういうときには、わたしは遠くから黙礼している。

 さて、当日の演奏に戻って、2曲目はブラームスの「ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲」が演奏された(ヴァイオリンは千葉清加、チェロは辻本玲、ともに日本フィルのメンバー)。わたしは辻本玲の太い音が気に入った。

 3曲目はシューマンの交響曲第3番「ライン」。飯守さんらしい熱演だった。
(2016.12.9.サントリーホール)
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴッホとゴーギャン展 | トップ | デュトワ/N響 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。