Enoの音楽日記

オペラ、コンサートを中心に、日々の感想を記します。

カンブルラン/読響

2016年10月15日 | 音楽
 ベルリオーズのオーケストラ伴奏付き歌曲集「夏の夜」がプログラムに組まれたので、カンブルラン/読響の演奏会へ。

 プログラム構成が興味深い。前半と後半のそれぞれ冒頭にシューベルトの「ロザムンデ」の音楽を配し、前半のメインがベルリオーズの「夏の夜」、後半のメインがベートーヴェンの交響曲第8番。いかにもカンブルランらしい知的な遊びのあるプログラムだ。

 前半は「ロザムンデ」の序曲から。木管が色彩豊かに鳴り、弦も澄んでいる。オーケストラ全体が明るく暖かみのある音色で鳴っている。リズムに締まりがある。ゆるいシューベルトではなく、快いリズムで進むシューベルト。

 次にベルリオーズの「夏の夜」。メゾ・ソプラノ独唱はカレン・カーギル。イギリス・スコットランド生まれの歌手だそうだ。1曲目の「ヴィラネル」が始まる。声の豊かさと安定感、そしてフランス語の美しさに惹き込まれる。オーケストラも繊細だ。しかも歌にぴったり付けている。カンブルランのうまさに感心する。

 2曲目の「ばらの精」は、歌、オーケストラともに繊細そのもの。3曲目の「入江のほとり」ではカーギルの暗い低音に注目し、4曲目の「君なくて」の冒頭のフレーズ「帰っておいで、帰っておいで」では一転して明るく、空気の中に溶け込むような高音に魅了された。

 5曲目の「墓地で」は、一見とりとめのない曲想だが、じつはニュアンスに変化があり、また(わたしが今まで気付いていなかった)微妙な音が鳴っていることを知った。6曲目の「未知の島」では、この歌曲集を締めくくるに相応しく、波が打ち寄せるような起伏のある演奏に、心地よく身を任せた。

 事前の期待値を上回る演奏だった。オーケストラ伴奏付き歌曲の見事な演奏例だと思った。8月から9月にかけて、リヒャルト・シュトラウスの「四つの最後の歌」を2度聴いて、オーケストラ伴奏付き歌曲とは難しいものだと思ったが、その模範的な演奏例に出会った気がした。

 プログラムの後半では、まず「ロザムンデ」の間奏曲第3番とバレエ音楽第2番が演奏されて、「夏の夜」で火照ったわたしの心をクールダウンしてくれた。

 最後はベートーヴェンの交響曲第8番。明るい音色できびきび進む演奏。カンブルランらしい演奏だ。サプライズはとくになかった。なお細かいところで微かな綻びがあった。
(2016.10.14.サントリーホール)
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 武満徹オーケストラ・コンサート | トップ | フリック »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。