Enoの音楽日記

オペラ、コンサートを中心に、日々の感想を記します。

アラン・ギルバート/都響

2017年04月19日 | 音楽
 アラン・ギルバートが都響に客演して、ジョン・アダムズ(1947‐)の新作「シェヘラザード.2」(2014年世界初演、「シェヘラザード・ポイント・トゥー」と読むそうだ)を日本初演した。

 世界初演のときも指揮はギルバート、オーケストラはニューヨーク・フィル。同曲は独奏ヴァイオリンを伴うが、独奏者は世界初演も今回もリーラ・ジョゼフォウィッツ。すでにロンドン響、アムステルダム・コンセルトヘボウ管、ベルリン・フィルなどでも演奏されている。独奏者はいずれもジョゼフォウィッツだ。

 リムスキー=コルサコフの「シェヘラザード」を下敷きにした曲だが(もっとも、全4楽章のうち、スケルツォ楽章と緩徐楽章とは順番が逆になっている)、それはジョン・アダムズがリムスキー=コルサコフの曲を‘リコンポーズ’したのではなく、現代社会の問題を扱うドラマのベースにしているということだ。

 では、現代社会の問題とは何かというと、女性に対する抑圧、強制、暴力といった事象だ。ジョン・アダムズはアラブの男性中心社会を念頭に置いているが、それがアラブ社会に留まらないことは、もちろん十分承知の上だ。

 全4楽章を通して、女性に対する迫害(第1楽章)、愛の場面(第2楽章)、原理主義者による宗教裁判(第3楽章)、女性の逃亡(第4楽章)が描かれ、ジョン・アダムズのストーリーテリングのうまさに惹きこまれる。

 女性は逃亡して‘聖域’に到達するが、そのときわたしは戸惑いを感じた。‘聖域’は現実のものか、それとも死の前の幻影か。リムスキー=コルサコフの場合は、船の難破というカタストロフィーの後に平穏が訪れるが、ジョン・アダムズの場合はカタストロフィーがないので、わたしの戸惑いはそのドラマトゥルギーの違いに起因するのかもしれない。

 演奏は、ジョゼフォウィッツのヴァイオリン独奏が、鋭い悲鳴から静かな瞑想まで、余すところなく描ききり、またオーケストラも確信を持った演奏を展開した。なお、オーケストラにはツィンバロンが加わり、縦横無尽の活躍を見せたが、一昔前にはコダーイの「ハーリ・ヤーノシュ」くらいしか出番がなかったこの楽器、近年復権が目覚しいのはなぜだろうと思った。

 プログラム1曲目にはラヴェルの「マ・メール・ロワ」が演奏された。艶やかな音色が柔和なテクスチェアを織り、メルヘンの世界を現出した。
(2017.4.18.東京オペラシティ)
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ファビオ・ルイージ/N響 | トップ | インキネン/日本フィル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。