Enoの音楽日記

オペラ、コンサートを中心に、日々の感想を記します。

画家マティス(マインツ歌劇場)

2017年05月16日 | 音楽
 最終日はマインツに移動してヒンデミットのオペラ「画家マティス」を観た。フランクフルトからマインツまでは電車で40分くらいなので、マインツに行く前にフランクフルトでマチネー公演のフランクフルト歌劇場管弦楽団の定期演奏会を聴いた。

 指揮はミヒャエル・ザンデルリンク。曲目はシベリウスの交響詩「フィンランディア」、シベリウスのヴァイオリン協奏曲(ヴァイオリン独奏はヴィクトリア・ムローヴァ)、ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」。会場はアルテオパー。

 ミヒャエル・ザンデルリンクは(首席指揮者を務めている)ドレスデン・フィルを率いて来日公演をしているし、また都響を振ったこともあるが、評判はどうだったのだろう。わたしは初めてだったが、「運命」はLPレコードで聴いていたような懐かしい演奏だった。一方、ムローヴァはかつての精悍さが薄れた印象だ。むしろアンコールのバッハがよかった。

 さて、「画家マティス」だが、このオペラは当地マインツを舞台にしている。オペラに出てくるマインツ大聖堂もマルクト広場も、当劇場のすぐ前にある。そういうオペラを当地の市民が観るということは、どういうことだろうと思っていたが、特別なものは感じられなかった。

 がらんとした舞台。大道具は一切ない。小道具も最低限に抑えられている。オペラというよりも演劇に近い。それも悪くはないが、それならそれで、もっと演劇的な面白さを追及してほしかった、というのが正直なところだ。ストーリーを追うだけの生真面目な上演だった。

 演出はエリザベト・シュテップラー。座付演出家の一人だ。この人の演出がいつもそうなのか、いつもは違うのかは分からないが、わたしは「画家マティス」がご当地ものなので、かえって思い切ったことをしにくかったのではないかと想像した。

 指揮はヘルマン・ボイマー。当劇場の音楽監督だ。オーケストラは(こんなことをいっては失礼だが)わたしが思っていたよりもしっかりした音を出していた。とくにオーデンヴァルトの場面(交響曲「画家マティス」の第3楽章に相当する)では熱い演奏が繰り広げられた。歌手陣も熱演だったが、音程が甘くなる人もいた。

 じつはこの日は他の都市で他のオペラを観るつもりだった。ところが、なんと、ソルドアウトでチケットが取れなかった。次善の策で「画家マティス」に行ったという事情もあった。
(2017.5.7.マインツ歌劇場)
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アラベッラ(フランクフルト... | トップ | ブラビンズ/都響 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。