Enoの音楽日記

オペラ、コンサートを中心に、日々の感想を記します。

フルシャ/都響

2016年12月20日 | 音楽
 フルシャ/都響のAシリーズ。20世紀の苦難の歴史を生きた2人の作曲家マルティヌー(1890‐1959)とショスタコーヴィチ(1906‐1975)のプログラム。

 まずはマルティヌーの交響曲第5番(1946)から。フルシャは師匠のビェロフラーヴェク譲りなのか、マルティヌーの演奏に使命感を持っているので、フルシャならではの選曲。演奏機会がまれなこの曲を聴く得がたい機会だ。

 精妙なリズムの絡み合い、浮遊する半音階など、いかにもマルティヌーらしく、マルティヌーでなければ書けない(書かない)曲だ。苦渋に満ちた第3番(1944)、喜びにあふれた第4番(1945)は、いずれも第2次世界大戦と関連する曲だが、第5番はそこから脱して、一種の抽象化の進行が感じられる。

 最後に悲劇的なトーンが忍び込むのはなぜだろう。うっかりすると聴き落としかねない暗い影。外的な条件としては、チェコスロヴァキアに共産党政権ができるのは初演の後だし、ましてやプラハの春への弾圧はもっと後だ。マルティヌーはなにを感じていたのだろう。芸術家らしい予感か。

 演奏は正確に音をとったものだが、惜しむらくは推進力に欠けた。もっと闊達な演奏であってほしかった。少し慎重過ぎたか。

 プログラム後半はショスタコーヴィチの交響曲第10番(1953)。本年9月にはロジェストヴェンスキー/読響の名演があったが、フルシャ/都響も別の意味で名演だった。

 冒頭の低弦の音にふくらみがあり、さらに他の弦が順次入ってくると、豊かな音が(まるで絨毯のように)織り上げられていく。主部に入ると、クラリネット、フルートのソロが意味深く演奏され、音が激しく炸裂する箇所では、音が混濁しない。第2楽章の猛スピードも、アンサンブルの乱れがないことは当然として、音の汚れがない。

 第3楽章はロジェストヴェンスキー/読響に分があるような気がした(あれはロジェストヴェンスキーならではの、テンポを落した、空前絶後の演奏だったと思う)。第4楽章の自暴自棄の闘いとアイロニカルな‘勝利’の狂騒は、フルシャ/都響も負けてはいなかった。

 ロジェストヴェンスキーとかラザレフとか、生きているショスタコーヴィチを敬愛してきた世代とは違って、フルシャの世代はスコアがすべてだ。今回はその高水準の演奏例だったと思う。
(2016.12.19.サントリーホール)
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デュトワ/N響 | トップ | 福岡県立美術館の高島野十郎 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
つまらないことですみません (なお)
2016-12-25 22:16:05
都響のA定期は東京文化会館ですよね。
私は、B定期の会員です。フルシャは、毎回楽しみにしています。都響は、森正の頃から聴いていて、最近の充実した演奏に感無量です。
Unknown (Eno)
2016-12-26 06:30:06
私も森正の頃から聴いています。ほんとうに、あの頃と比べると、隔世の感がありますね。まったく別のオーケストラのようです。おっしゃるとおり、最近の充実ぶりは目覚ましいと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。