90 アチャコの京都日誌 再びの京都 「石碑を探す」シリーズ 第1弾 迷子はどうしてさがす?

2017-07-13 12:48:54 | 日記

90 アチャコの京都日誌

 大仰にタイトルを付けたが、シリーズになるかどうかも怪しい。

道端の石碑を見て行きたい。

第一回は、昔の人は迷子や尋ね人をどうしてさがしたか?

人通りの多い道端に、「氷人石」 という石柱を立ててそこに情報を書き込んだのだ。

写真の、誓願寺門前の「迷子道しるべ」は、左(見えていないが)「さがす方」右に「おしゆる方」となっている。

下半分に紙を貼って情報を出し合ったのだ。

このような石の事を、氷人石 という。氷人とは、古い中国では仲人の事。


氷の下が陰(女性)氷の上が陽(男性)を表わし、その仲立ちをすることを「氷人」と言った。なかなか趣のある話ではないか。

その後、男女に限らず人と人との巡り合いを願って「氷人石」と言うようになった。

ここ誓願寺以外には、八坂神社の「月下氷人石」北野天満宮の「奇縁氷人石」が有名。

いずれも観光地としてはあまりにも有名だが、氷人石をご存知の方は少ない。

誓願寺は、寺町通六角です。自由に参詣できます。

そう言えば、東京に長く住んでいた湯島の天神さんにも、「奇縁氷人石」があった。

どうぞ東京の読者の皆さん、今度お参りの時は訪ねてご覧ください。

まあ、私の若いころは、まだ駅の前には「伝言板」なるものがありました。

「2時間待った、もう二度と会いません。健児へ」今なら携帯でなんの問題もなかったのにね・・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 番外 温泉 5箇条 | トップ | またまた 番外編 健康診断... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。