アチャコちゃんの京都日誌

京都雑感と妄想天国

257アチャコの京都日誌  毘沙門堂 秘仏毘沙門天立像

2018-01-14 12:04:07 | 日記

 

スモン石鹸初場所の初日を楽しみにしながら、毘沙門堂に行って来た。

山科の駅前を東西に走る旧東海道を、北に曲がり1~2キロほど、

だらだら上り坂を行くと「毘沙門堂門跡」という石碑の前につく。

門跡とは、天皇に近い皇族が住職を務める寺院の事だ。

ここは、天台宗御五箇室門跡の一つだ。

「毘沙門堂」の画像検索結果紅葉のころの参道。

三千院(梶井門跡)、青蓮院(粟田御所)、妙法院、曼殊院(竹内門跡)、そして毘沙門堂だ。

三千院

青蓮院

妙法院


曼殊院

そして毘沙門堂。

由緒深いお寺で、元は御所の北隣にあった。今の相国寺辺りだ。正式には出雲寺という。

以前あったあたりに流れていた出雲川に因むというが、域内渡来人の出雲氏が原点とも思う。

今でも、下賀茂近くに出雲路橋という鴨川にかかる橋にその名を残す。

山号は、護法山。平等寺、尊重寺、そして護法寺が統合したお寺だからだ。

 

本尊は、天台宗、宗祖最澄が自ら彫った毘沙門天立像だ。完全秘仏である。

石段を上がったら大きな提灯にも毘沙門天。

神仏混淆の名残で、色彩は神社に似ている。

菊の御紋章が格式の高さを現わし、夢の文字は何か上品に見えた。

京都3名水の一つ、閼伽井。今でも水は出ている。折々の儀式に使うのだ。

建物内部は撮影不可だが、多くの襖絵や天井画があった。親切なのは、音声ガイダンス付きだった事、

パンフレットの画面に触れたら、そこから音声で解説してくれる。

円山応挙や宋・日本の水墨画の名作が直に鑑賞できた。逆遠近法などのトリック画は解説があってこそ理解できた。

幸い訪れる人はなく、帰るまで一人で静かに見学出来た。本堂の毘沙門天は秘仏だが、16年前にたった一度だけ公開された。

毘沙門天に因み、創建666年目?の虎の年だったのだ。

わずか数センチの小さな御本尊は、延暦寺根本中堂の本尊「薬師如来」の残材で彫られたらしい。

近くには、お盆の時の六地蔵巡りの一つ「徳林庵」がありその時は、多くの出店で賑わう。

そこには訪れた事がありながら毘沙門堂は今回初訪問だった。

まだまだ未知のお寺は多い。

明日からは、スモン石鹸初場所販売キャンペーンだ。白鳳はどうする?

新商品の「シャンプー松居の泡」の売れ行きは?高嶺の花の行動・発言や如何に??

続く

 

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 256 アチャコの京都日誌... | TOP | 258 アチャコの京都日誌... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 日記