76 アチャコの京都日誌 再びの京都 余談

2017-06-19 12:04:29 | 日記

76 アチャコの京都日誌  

 

 我が家の刃傷松の廊下。

 「刃傷松の廊下事...」の画像検索結果

長い闘病生活であった。弱者に成り下がった吾輩は、わがままも言わずじっと耐えた。いろいろ不便はあったがじっと耐えた。途中、配偶者による小さな攻撃にもじっと耐えた。かの生物兵器(蜂に刺された)の時も耐えた。

 

しかし、昨夜帰宅時、誰もいない。あれおかしい。様子がおかしい。配偶者の帰宅が遅い時はある。そんなときもある。もしかしたら吾輩が聞き逃したか?飯がない。飯がなければ出前でも取るか。

いつもの中華屋に電話を入れていたら、ちょうどご帰還だ。

「あれ。帰ってるの?帰るって言ってた?」「今日は早く帰るって前から言ってたやろ?」「・・・・?」

遂に、内匠頭(吾輩)は、上野介(配偶者)に、「遺恨覚えたかっ!」右手を大きく振り上げて威嚇した。しかし悲しいかな、筋力衰えた内匠頭は、足元が定まらず上野介に完全にかわされる。

もう一度、拳を振り上げたその時、我が家の名犬茶々丸、内匠頭の前に後ろ足だけで立ち大きな声で吠える。「うーうーっ!わんわん!」

ええっ?吠える相手は上野介ちゃうの?

「犬が吠える絵」の画像検索結果

長い闘病生活中の散歩の相手は、上野介。餌の世話も上野介。いつの間にか犬における一番の序列は相手に移っていたのだ。遂には、アキレス腱に噛みつかん勢い。振り上げた拳を下ろさざるを得ない。

とうとう、内匠頭は切腹覚悟で、その場に膝をついた。場所は玄関すぐの廊下、約2メーターしかない。逃げ場所もない。上野介が、チャチャ丸を抱いて誇らしげにほほ笑んだ。

 

 「刃傷松の廊下事...」の画像検索結果自室に蟄居閉門のうえ沙汰を待った。

 

「風誘う 花よりもなお われはなお 春の名残を いかにとやせん」

わたしには、内蔵助もいない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 75 アチャコの京都日誌 再び... | トップ | 77 アチャコの京都日誌 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。